#ダイニング・メッセージ

大阪や佐賀に現れるかにかまって人のブログ。デュエマとか。

蒼波CS(オリジナル、GoA環境前)4位の水自然シリンダミラダンテについて【デュエマ】

かにかま(@Rev_kanikama8)と申します。

今回の記事の内容は、9月4日に開催された蒼波CSで使用して4位に入賞したシリンダミラダンテについての解説です。

 

 

現代において知名度が高いデッキというわけではなく、理論が十分に知られていないと思われるため、「なぜこのカードなのか」という点に関しては特に重点的に書かせていただきました。

そのため、構築記事としてはかなりの文字数がありますが、お楽しみいただければ幸いです。

 

以下、あとがきまで常体で失礼します。

 

※当記事はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

 

※注意書き

①デッキ画像として、ガチまとめ様のサービス「Deckmaker」の画像を使用しています。

個別カード紹介ではフルネームを用いますが、可読性のため、解説内でカード名に言及する場合には、冠詞などを省略した名称を使う場合があります。


《革命龍程式 シリンダ》の強みに迫る

  • 進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置く。
  • W・ブレイカ
  • このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分の水のクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。
  • 革命2:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドが2つ以下なら、次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーはすべて、攻撃もブロックもできない。
  • (デュエル・マスターズ公式カード検索より引用)

 

自身を含む水文明クリーチャーの数だけドローすることができるため、最低1枚は手札に新しいカードを加えられる。

コマンド・ドラゴンかつコスト5以上であることから、水文明を指定する全ての革命チェンジに対応しており、ドロー効果を持つため革命チェンジ元として優秀。

 

さらに、出た時に自分のシールドが2枚以下であれば、登場時点でバトルゾーンにいる相手クリーチャーの攻撃・ブロックを不可にする能力もあり、自分より早いデッキに対しても一発逆転を狙うことができる。

 

また、召喚したばかりの水文明クリーチャーの上に進化して、進化元+自身のコストで出せるスピードアタッカーのWブレイカーとして運用することも可能。

水文明単色でありながら高い攻撃性能を持つカードと言える。

 

先述の通り革命チェンジとは相性がよいが、特に召喚ロックを持つ《時の法皇 ミラダンテⅫ》とのシナジーは強烈。

相手のクリーチャーの登場は許さないが、事前に出ているクリーチャーに対処できない《ミラダンテⅫ》と目の前の打点を止めることはできるが、能力発動後に出てきたクリーチャーの攻撃を止められない《シリンダ》で弱点を補完している。

早期の革命チェンジからロックを決め続ける【シリンダミラダンテ】は強力なデッキであったが、《ミラダンテⅫ》殿堂以降は話題に上がることも少ないデッキになってしまった。

 

デッキとして大幅な弱体化を喰らったとはいえ、かねてより筆者が一番好きなデュエマのカードであり、このカードを使ってCS上位者プロモを取るのが夢だった。

そこで、CSで勝てる【シリンダミラダンテ】を考えることにした。

そのために、まずは現在【シリンダミラダンテ】が抱えている問題を洗い出す。

 

問題提起

①《ミラダンテⅫ》に代わるフィニッシャー

最重要項目。

《流星のガイアッシュ・カイザー》などの高いカウンター性能を持つカードのことを考えると、「革命チェンジをしたのに勝負を決めきれずに負ける」という事態は避けるべきであり、なるべくアタッカー性能が高いものが好ましい。

 

②《シリンダ》を早期着地させる方法

《シリンダ》のコストは5と、マナ加速などを一切挟まずにプレイするには少々重い。そこで、何かしらの補助は必須。

また、水文明クリーチャーが多ければ多いほどドロー枚数を増やせるのが強みなので、その過程で水文明クリーチャーの頭数を増やせればなおよい。

 

③《シリンダ》着地までの時間稼ぎ

手打ちするメタカード(速攻デッキに対するブロッカーも含む)に加え、受け札を指す。

まずは自分の動きを通した時にしっかり勝てることを優先するべきだと考えているので、それに貢献できない分優先度は①②よりは低い。

それでも採用する場合は、水文明クリーチャーである方が好ましい。

 

まずメタカードだが、対面次第で腐り、出したターンが無駄になってしまうという弱点がある。

しかし、水文明のクリーチャーであれば最低限《シリンダ》のドロー枚数を稼げるため、無駄にはならない。

 

 

受け札も、防御性能と水文明のクリーチャーを場に残すことを両立している必要がある。

 

たとえば《S・S・S》は高い防御性能を持ち、ほぼ確実にそのターンを生き残ることができるカードだが、呪文であるため場には残らない。

受け札の優先度が低い以上、その採用枚数には限りが存在する。何度もS・トリガーに期待することはできない。

 

そこで、なるべく耐えたターンでワンショットを決める方が望ましい。

その際に革命チェンジ先を引き込めるだけでなく、万が一ワンショットに失敗した時の保険としての革命2を持つ《シリンダ》を出すことは非常に重要であるため、可能な限り頭数として場に残ってくれる方がよい。

 

上記のようにメタカードや受け札の採用には慎重になる必要があるが、それは③のみを目的として採用する場合の話である。

①や②を兼ねられるカードがあればデッキスロットの圧縮に繋がり、より優先して採用することができる。

 

上記の三点を順に解決していく。

 

課題解決

①《ミラダンテⅫ》に代わるフィニッシャー

追加のフィニッシャーに関しては、《轟く革命 レッドギラゾーン》が適任であると考えた。

水文明のクリーチャーがいればいるほどドローできる《シリンダ》と全軍アンタップの《レッドギラゾーン》。どちらも盤面展開を行うことで出力を上げられるカードであるため、無駄がない。

 

《シリンダ》以外に攻撃できるクリーチャーが2体いれば、それらでシールドをブレイクした後に《レッドギラゾーン》に革命チェンジすることで、相手のシールドが5枚残っていてもワンショットを決めることができる。

 

②《シリンダ》を早期着地させる方法

《レッドギラゾーン》を用いたワンショットの確立により、《シリンダ》を召喚する前にもなるべく多くのクリーチャーを場に揃えることがより重要になった。

 

4マナで《シリンダ》を踏み倒せる《エヴォ・ルピア》を擁する火光水で構築することも視野に入れたものの、3文明をマナに揃える+テンポよく水文明クリーチャーを並べる+《エヴォ》《シリンダ》を手札に抱えるという3点を満たすのは困難であると判断し断念。


そこで、《Re:奪取 マイパッド》などの場に残りながら後続のコストを軽減できるクリーチャー(以降《奪取》と表現)を使用することにした。

G・ストライクを使用しても場に残らないため、受け札としての価値は低いものの、初動におまけとしてつくなら及第点である。

 

今回は《Re:マイパッド》以外の《奪取》として採用できるカードとして選ばれず、パワーも高い《珊瑚妖精キユリ》が存在する上に、マナ加速として《Disメイデン》を擁する自然文明に着目し、水と自然の2色で構築を進めた。

《奪取》とマナ加速を併用することで、後半に《シリンダ》をスピードアタッカーとして運用できるターンも早まり、攻撃力が高まる。

 

また、自然文明のカードの枚数が増えたことで、《シリンダ》を進化元ごとバトルゾーンに出せる《生命と大地と轟破の決断》を唱えやすくなった。あまりにもできることが多いこのカードも採用する。

 

《キユリ》は自身が場に残りつつ後続の召喚をサポートしてくれる。

選ばれない効果があるため《シリンダ》のドロー枚数を稼ぐ頭数としてカウントしやすく、《レッドギラゾーン》でアンタップするクリーチャーとしても強力。

 

《メイデン》はマナ加速要員。

 

3コストであるというのがこのデッキでは非常に重要で、《奪取》から繋いだ3ターン目に2マナで召喚すれば追加したマナを用いて2コストのクリーチャーを召喚できるだけではなく、後半では召喚して即《シリンダ》に進化しやすいというのが強みである。

2コストの召喚に繋ぐことができれば3ターン目に3体のクリーチャーが盤面に揃うため、次のターン《シリンダ》+《レッドギラゾーン》のセットで4ターンキルが可能。

 

さらに、このカードは多色を置きながら上記の動きを可能にしてくれるため、デッキの動きを円滑にしてくれる。

 

また、ブロッカーを持つため【我我我】などの打点を削ぐだけではなく、打点が揃う前に《奪取》でシールドを攻撃しても殴り返しを防げる。

時間稼ぎや《レッドギラゾーン》の弱点である「コマンドに対するS・トリガーやG・ストライク」という裏目を減らすことも可能である。

 

(3コストブーストの強みは下記リンク記事の「どのマナ加速を選ぶべきか」の項に詳しい。もし興味が出たら、そちらも参考にされたい)

kanikamadm.hatenablog.com

 

コンセプトとその基盤である《シリンダ》《レッドギラゾーン》《Re:マイパッド》《キユリ》《メイデン》4枚ずつに加えて殿堂カードの《ミラダンテⅫ》《ネイチャー》を採用しても確定したカードは22枚と、十分な枠があるように感じたため、一度③にスロットを割く。

 

《メイデン》の説明で書いたように、最速キルターンは4ターン目になるため、キルターンが3ターン目になる【アポロヌス】や【火単我我我】などのデッキに対して4ターン目を取ることも意識していく。

 

③-1《シリンダ》着地までの時間稼ぎ~メタカード選定~

まずはメタクリーチャーとして《異端流し オニカマス》に着目。

コストが2であることから《奪取》→《メイデン》と繋いでも即召喚することが可能であり、マナ加速で自分の動きを進めながら相手の踏み倒しを抑えられる。

 

さらに選ばれないことから《シリンダ》や《レッドギラゾーン》のための頭数としての信頼度が高く、採用しうるメタカードの中ではトップクラスの1枚。

現環境では《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》をバウンスできるのが光る。

 

続いて、《奪取》を出した次のターンに召喚可能で、《レッドギラゾーン》に革命チェンジできる《奇天烈 シャッフ》に目を付けた。

クリーチャーのコストが固まりやすい【火単】だけではく、【ゼーロベン】などの呪文を主軸にするデッキに対しても大きくテンポを握ることができる。

 

ただし、このカードには大きな弱点がある。

《奪取》→《シャッフ》と繋ぐと、次のターンの動きが窮屈になるというものだ。

《メイデン》を経由していないゆえにマナが増えていないため、次のターンにクリーチャーを召喚しづらい。その上《奪取》も《シャッフ》のどちらもゲーム中なるべく盤面に残しておきたいため、《シリンダ》の進化元に使用したくない。

 

さらに、革命チェンジ元の《シャッフ》を含めても、4ターン目に攻撃できるクリーチャーが2体しかいないため、《レッドギラゾーン》を出してもワンショットを成立させられないのである。

(盤面に《奪取》と《シャッフ》2体+手札に《レッドギラゾーン》2枚が揃えば一応成立するが、4枚しか積めないカードを2種要求するのは非現実的。)

 

そこで、ひとまず4枚から構築を始めたが、他のカード次第では枚数を減らすことも視野に入れていた。

 

【アポロヌス】に対して《オニカマス》、【火単】に対しては《メイデン》か《シャッフ》と、相手の動きに事前に対処できるカードは増えたものの、両デッキの攻撃力に対してはこれだけでは不十分だと感じたため、さらに受け札の採用を検討した。

 

③-2 《シリンダ》着地までの時間稼ぎ~対【火単】&【アポロヌス】用受け札選定~

③の項で書いたように、受け札を採用する場合、水文明のクリーチャーを残せるカードが望ましい。しかし、《Re:マイパッド》が示すように、場に残らずとも、自分の動きに対する貢献度と防御性能を両立できれば採用候補になりうる。

 

そこで、ターンを獲得しながらほぼ確実に水文明のクリーチャーを残せる《終末の時計 ザ・クロック》、G・ストライクを使っても場に残らないものの、2コストのメタカードとしても使用可能で、手打ちでも《シリンダ》のドロー枚数に貢献できる《飛ベル津バサ 「曲通風」》などを候補に入れたが、今回はどちらでも十分な効果を得られないと結論付けた。

 

《クロック》は【火単】に対して《”罰怒”ブランド》や《我我我ガイアール・ブランド》のターン終了時効果までもスキップしてしまう点が何よりも痛い。

これでは後攻3ターン目を獲得しても、盤面にいるクリーチャーのコストがばらけてしまい、《シャッフ》の効果も不十分になる。

 

また、《カンゴク入道》や《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》などのパワーが高いクリーチャーから攻撃してきた時に殴り返せないため、トリガーさせてもそれ以降は打点を減らせず、一時しのぎにしかならないことも少なくない。

盾以外では仕事をしないにもかかわらず、踏むタイミングに強さが左右されるという点は気になる。

 

《「曲通風」》はターンを獲得すれば《”罰怒”》のマスターB・A・D自体は誘発させられるものの、《我我我》に対しては自壊させるか盾の枚数を大きく減らすかの厄介な二択を迫られる上に、《アポロヌス》に対しては全く効果がない。

また、メタカードとしても《切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー》のバウンス効果に対しては効果があるものの、革命チェンジを止めることができず、盤面を守るという意味では《オニカマス》に後れを取っているという印象を受けた。

 

しかし、《クロック》の「場に残ること」と《「曲通風」》の「手打ちできること」には強さを感じたため、これらを両立できるカードがあれば信頼できる受け札たりうると思いカードを調べたところ、《罪無 ドロキオ垓》がこの二つを満たしていることに気づいた。

 

事前にケアしづらいS・トリガーのブロッカーでありながら、一度ブロックするだけで2体のクリーチャーを止められる高い防御性能を持つ。

さらに、《キユリ》+《メイデン》と並べた後にムゲンクライムを用いて2コストで召喚することも可能である。

 

特に【火単】に対して非常に強い。

《我我我》が攻撃する前にトリガーすればW・ブレイクを止めつつアンタップするクリーチャーの攻撃を止め、攻撃以降にトリガーすれば相手の盤面にはバトルで勝てる小型クリーチャーが残り、攻撃してもシールドを削れないというようにどちらにも裏目が発生する。

さらにバトルで破壊されても、2ターン目に《奪取》が出せていれば《メイデン》でタップイン処理をしつつ蘇り、継続的に打点を削ることができる。

 

極めつけは《シャッフ》との相性のよさである。

低コストクリーチャー+《我我我》or《”罰怒”》の盤面で《シャッフ》を召喚した時、《ブランド》のコストを宣言しておけば相手のパワーラインは大きく下がり、相手の攻撃を抑制することができる。

 

また、先ほどまではこちらが後攻を取る前提で話を進めていたが、先攻を取った場合、《奪取》→《シャッフ》と繋いでも、後攻3ターン目までで《ドロキオ》がトリガーすれば4ターン目に《レッドギラゾーン》のチェンジ元と攻撃可能クリーチャー2体が揃うため、ワンショットを狙える。

相手次第ではあるが、これにより「4ターンキルが決まらない」という《シャッフ》の弱点も解決されたため、4枚採用することに大きなためらいがなくなった。

 

【アポロヌス】に対しても、《アポロヌス》のメテオバーンが決まっても、《轟く侵略 レッドゾーン》の枚数が不十分であれば《オニカマス》か《ドロキオ》のどちらかをバトルゾーンに残すことができる。

盤面とシールドの両方に触れられてしまうため依然辛くはあるものの、シールドブレイクで得た潤滑な手札から《オニカマス》+ブロッカー複数体という盤面を作りやすくなった。

後続の《カチコミ入道<バトライ.鬼>》1枚だけでは負けない状況に持ち込み、シールド0の状態から持久戦を狙うという勝ち筋を狙える。



 

④リスト最終決定

ここまでで「フィニッシャー」「《シリンダ》早出し」「時間稼ぎ」という3点を解決した。全てのカードを最大枚数採用したと仮定すると、残りのデッキ枚数は6枚。



しかし、自然文明のカードが13枚と心もとないため、なるべく自然文明のカードで埋めることにした。

また、これまでの採用カードでは除去がほぼ存在しない点も気になったので、できればこれも解決したい。

 

今回は《メイデン》と同じ3コストブーストで、再現性を上げられる《眼鏡妖精コモリ》、《シリンダ》から引きこめるT・ブレイカーで、自然単色マナとしても活用できる《革命類侵略目 パラスキング》、【火単】に対して《ブランド》2種の着地を長期にわたって咎め続けられるだけでなく、どんなクリーチャーでもバウンスできる《ツネキン☆ゲームス》の3種に目を付けた。

このカードたちは4枚採用したカードの弱点を補うためのものであり、ここで書ききれない分の役割や枚数配分の理由は後述する。

 

上記の段階を踏み、下の画像の40枚でデッキを確定させた。

 

デッキレシピ



より詳細な採用カード紹介及び枚数配分解説

似た役割を持つカードはまとめて、それ以外のカードに関しては個別に解説を行う。

 

《Re:奪取 マイパッド》、《珊瑚妖精キユリ》4枚ずつ

再現性向上のために4枚ずつ採用した。

《キユリ》下では《Re:マイパッド》を1コストで召喚することができるが、《Re:マイパッド》下で《キユリ》を1コストで召喚することはできないため、両方手札にある場合基本的に優先するべきは《キユリ》。

 

ただし、このデッキは2ターン目に《奪取》を召喚、3ターン目に2マナ《メイデン》or《コモリ》+2コストのクリーチャーを出して4ターン目に《シリンダ》を狙うのが一番強い動きになる。

初手が《キユリ》+《メイデン》+《Re:マイパッド》+水文明単色2枚(かマナに置けない《ミラダンテⅫ》)のようなものであれば、1ターン目は《キユリ》をマナに置き、2ターン目に《Re:マイパッド》、3ターン目にマナ加速+2コストクリーチャーと動く方がよい。

 

《機生幻獣 ケラパッド》も存在するが、デッキの動きを円滑にする初動のために多色の枚数を増やしたくないのでこの枚数に抑えた。

 

《異端流し オニカマス》×4

先述の通り、《シリンダ》《レッドギラゾーン》と盤面に水文明クリーチャーが存在することが重要なデッキであるため、場持ちがよいこのカードは強力。

その分マッハファイターで狙われることも多く、相手が1体目の処理をしている間に2体目を抱えておきたい。

《キユリ》と合わせて8枚アンタッチャブルを積めば、《レッドギラゾーン》のワンショット性能が高くなることもあり、序盤に召喚したいので4枚採用した。

 

 

《Disメイデン》×4、《眼鏡妖精コモリ》×2

4ターンキルを目指すためには、2ターン目と3ターン目に必ず単色カードを埋める必要があるため、デッキの過半数は単色にしたい。

そこで、3ターン目までに手札に来る確率を高めつつ、過剰にならない枚数として選んだのが合計6枚採用。

筆者の体感ではあるが、4ターンキル自体は3ターン目までに《奪取》2体+水文明クリーチャーでも成立するので、不便さを覚えることは少ない。

 

《メイデン》は序盤にゲームに絡める可能性を限界まで高めるため、4枚採用している。

先述の通り多色をマナに埋めながら後続の召喚を可能にしてくれる点が非常に優秀で、序盤から《レッドギラゾーン》召喚プランに備えられたり、《シリンダ》を手札にキープできる。

 

また、中盤戦以降《シリンダ》をスピードアタッカーとして使用する時の進化元としても強力。《奪取》下では事実上1マナ消費であり、水単色2コストクリーチャーと同じマナ消費でありながら手札に追加の革命チェンジ先を抱えられる。

積極的に《シリンダ》の進化元に用いて、革命チェンジして手札にセットとして揃えるプレイを心掛けたい。

 

 

《コモリ》は「バズレンダ」を活かして《シリンダ》以外の5マナの動きを作れることを評価している。

《オニカマス》→《メイデン》や《奪取》→《ツネキン》or《シャッフ》など、3ターン目までに《奪取》+マナ加速が揃わず、4キルを狙えないことも存在する。

この場合は《シリンダ》を出しても十分なドロー枚数を稼げないが、一度このカードを挟められたら次のターンは2コスト進化元+《シリンダ》を狙える7マナ域に到達する。

《レッドギラゾーン》や《ミラダンテⅫ》を引き込む確率を上げつつ、過剰打点を作れるのは見逃せない。

 

しかし、基本的には短期決着を狙いたいため《メイデン》が最優先であり、中盤戦以降で真価を発揮するこのカードは枚数を抑えた。

《奇天烈 シャッフ》×4

《シリンダ》召喚+革命チェンジの4キルを狙いづらい対面に対して、前もって盤面に用意するサブプランのコマンドとしての役割も兼ねる。

4キルが決まりづらい著名なデッキとしては《ポクチンちん》や《7777777》を擁する【ジョーカーズ】、《その子供、可憐につき》や《赤い稲妻》などが存在する【ラッカ鬼羅.Star】など。

 

《奪取》を除去できる《7777777》、《ガヨウ神》を即座に革命チェンジさせられる《勝熱と弾丸と自由の決断》、《シャッフ》《ブランド-MAX》などを引き込める《T・T・T》など止めておきたい呪文も少なくない対面なので、コマンドを用意した上で安全を確保できるのは大きい。

 

万が一メタクリーチャーを出されても、後述する《ツネキン》を出すことができれば完全に相手のターンを無駄にした上で《レッドギラゾーン》に革命チェンジして、手札に戻った《シャッフ》をアタッカーとして活用できる。

 

また、除去呪文や殴り返しできるクリーチャーの攻撃を防いで盤面を保護すれば《シリンダ》のドロー枚数の維持も可能であり、総評としてはロングゲームに強い1枚である。

先述の通り、《ドロキオ垓》がトリガーすれば「4ターンキルできない」という弱点も補完済み。不必要であればマナに埋めやすい単色であることから、4枚積んでもデッキの動きは阻害しない範疇だと考えている。

 

《ツネキン☆ゲームス》×2

革命チェンジを妨害する相手のクリーチャーだけでなく、自分のクリーチャーもバウンス可能。攻撃を介せずに《レッドギラゾーン》と《ミラダンテⅫ》を手札に戻すことができる点が他のバウンス効果持ちと決定的に異なる点

アンタップ効果、召喚ロックともにファイナル革命であるため、革命チェンジで手札に戻してもそのターン中に効果を発動することはできない。しかし、このカードがあれば不必要なタイミングで消化することを避けられる。

 

また、【火単】だけではなく、高コストS・トリガークリーチャー及び《灰燼と天門の儀式》《闇王ゼーロ》などの呪文に対してもメタ効果が刺さり、《ミラダンテⅫ》で封殺できない範囲のケアにもなる。

 

2種の効果自体は評価が高いが、《オニカマス》と違ってマナ加速のついでに出すことができないコストとマナにタップインすることから、どうしても大量に引くと自分の動きが阻害される点は否めなかった。

 

さらに、《シャッフ》以上に3ターン目の動きとして弱いのが評価を落とす。

《シャッフ》は《レッドギラゾーン》に革命チェンジできるため、1ターンを生き残れば4キルはできずとも大きなアドバンテージになるが、このカードを出しても4ターン目の動きは乏しい。

出したターンを無駄にしてもらっては困るので1ターン生き残ることはマスト、その上でもう1ターン生き残ってもらうことが理想なのだが、現環境ではそれが難しいと判断した。

 

まず《切札勝太&カツキング~熱血の物語~》入りのデッキや【アポロヌス】はこのカードの除去と踏み倒しを1ターンで行えるため効果がない。

 

【ゼーロベン】に対してはほぼ確実に1ターンは獲得できるが、《Disカルセ・ドニー》や《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》などの盤面除去カードの枚数が多く、仮に除去されなくとも《天災 デドダム》で8マナまで伸ばして《砕慄接続 グレイトフル・ベン》を場に残せるように立ち回られる可能性もある。

 

弱点も多いカードではあるが、今回はメタクリーチャーを出された時に手も足も出ないことを避けたかった上に、《ミラダンテⅫ》や《シャッフ》と併用してより安全なゲーム展開をできるという「保険」の存在として2枠を割いた。

 

《革命龍程式 シリンダ》×4

小型クリーチャー展開と革命チェンジ先を繋げる、このデッキのコンセプト。

 

ドロー効果は途中で止められることは必ず覚えておきたい。《ロスト・Re:ソウル》を使うデッキに対して少しでも《レッドギラゾーン》を山札に残しておきたい時や、マナ加速持ちや《ミラダンテⅫ》といった強制ドロー持ちカードの使い過ぎでライブラリアウトする危険性を減らしたい時のために。

 

4ターンキル、革命2による遅延、7コストスピードアタッカー運用のどれを取っても強力で、絶対にゲーム中1枚は使いたいので4枚。

 

《生命と大地と轟破の決断》×1

進化元ごと《シリンダ》を踏み倒せることが一番大きいが、シールドではなく相手クリーチャーを攻撃しながら《シャッフ》の効果を発動させたり、メタクリーチャー潰しとこのデッキに欲しいものがほとんど入っているので抜く必要がなかった。

 

《シリンダ》の革命2の遅延に備え、次のターンに《奪取》込みでも使用可能マナが5マナ未満になる程過剰な展開は避けること。

 

《罪無 ドロキオ垓》×4

攻防一体のカードで、《Disジルコン》などのブロッカーがいても《レッドギラゾーン》によるワンショットを成立させられる。

「タップした時」に攻撃ブロック不可付与が発動するので、もう1体召喚する時にムゲンクライムでタップすれば安全に効果を使用できる。

 

2体併用する意味も大きく、マナ以外のどのゾーンにいても嬉しいので4枚。

 

《轟く革命 レッドギラゾーン》×4

自身も召喚酔いをしないため、革命チェンジ元だけでなく、盤面に依存しないアタッカーとして使用可能。

強力なカードではあるが、ゲーム序盤はコマンドがないと仕事ができないため、初手にある分にはマナに埋めて《メイデン》や《シリンダ》で引きに行く方がよい。

 

《オニカマス》《キユリ》を絡めた4ターンキル、序盤のマナ色、後半の単体アタッカー活用の全部が強いので4枚。

 

《革命類侵略目 パラスキング》×2

《レッドギラゾーン》の「革命チェンジ前にコマンドが攻撃できなくなる」という弱点の補完につながるため、T・ブレイカーを入れるメリット自体は少なくない。

3ターン目に2体並べて《奪取》で1枚シールドをブレイクしておけば、次のターンに1枚ブレイクした後に《シリンダ》侵略パラスキングで4ターンキルができる。

 

オリジナルにおいて、《シリンダ》からすぐに踏み倒せるT・ブレイカーとしてはこのカードと《ミラダンテⅫ》の他に《未来の法皇 ミラダンテSF》と《超奇天烈 ガチダイオー》も存在する。今回は《ドロキオ垓》からも侵略できる上に、不足している自然単色を補うためにこのカードを優先した。

 

《ミラダンテSF》は多色である上に、詠唱先の呪文に割くデッキスロットも存在しない。

 

《ガチダイオー》も《ドロキオ垓》から踏み倒せるバウンス持ちで強力なのだが、【アポロヌス】の《レッドゾーン》単体による攻めに対応できていない。

バウンスすれば再度《カチコミ》と《レッドゾーン》の効果を使われてしまうが、かといって戻さなければ共にパワー12000で相打ちを強いられる。

それよりはパワー14000で一方的に殴り勝ち、再利用を許さない《パラスキング》の方が強いと考えている。

 

さらに、このカードを採用することにより、4キルルートを増やすことができるのも強みである。手順は下記。

 

ルート①

《奪取》→マナ加速+《ドロキオ垓》→《ドロキオ垓》以外から《シリンダ》

手順:《シリンダ》でWブレイク後、《ドロキオ垓》から《パラスキング》に侵略して残り3枚をブレイク。残ったクリーチャーでダイレクトアタック

 

ルート②

《奪取》→《シャッフ》→《奪取》進化《シリンダ》

手順:《シリンダ》を《パラスキング》に侵略してTブレイク後、《シャッフ》から《レッドギラゾーン》に革命チェンジして残り2枚をブレイク。アンタップした《パラスキング》でダイレクトアタック

 

また、忘れがちな効果としてバトルゾーン全体染色、革命2によるクリーチャー5コスト軽減がある。

全体染色はこのカードも《シリンダ》のドロー枚数にカウントできるようになるだけでなく、《聖魔連結王 ドルファディロム》の破壊を防ぐことができるので覚えておこう。

 

《シリンダ》から引いて嬉しい打点であることは間違いないが、《シリンダ》の使いまわしができない以上、革命チェンジ先よりも優先して採用するべきではないので2枚。

 

《時の法皇 ミラダンテⅫ》×1

基本的に出し惜しみはせず、積極的に革命チェンジしてTブレイクを決めてもらう。

選ばれない《オニカマス》や《キユリ》に加えて、呪文をケアできる《シャッフ》がいるため、余程カウンターに振り切っているデッキでなければ残りのシールドを割ってダイレクトアタックに向かうのはそう難しくはない。

 

対面別基本的プレイ指針

「4ターンキルできるデッキが、メタを絡めながらロングゲームもできる」というのがこのデッキの本質。

重要なのは《奪取》を出した後の3ターン目であり、「マナ加速+2コスト」か「《シャッフ》or《ツネキン》」で大きな分岐点になる。

 

今回は筆者が想定していた著名なデッキとの対面を想定し、「執筆段階での」簡単な思考をまとめた。

基本的に先攻を想定した記述を行っているが、後攻でもやることは大きく変わらない。

 

また、申し訳ないが、練習量やプレイ経験が不十分だと判断した対面がいくつか存在しており、記載がない対面はそれらに属している可能性が高い。しかし、思考のアップデートを行った際や新たに書くべき対面があると判断した場合は記事を更新したいため、ぜひTwitter( @Rev_kanikama8 )までご一報を。

 

【アナカラーハンデス

「序盤からクリーチャーを展開する」というコンセプトを、手札破壊と盤面処理の両方で妨害してくる非常に厳しい対面である。

 

《奪取》を出すと、3ターン目もハンデスを行い、手札を枯らしてくることが多かったと記憶している。

そこで、現在は2ターンはパス、3ターン目にマナ加速を出して多色を埋めつつ、4ターン目に《シャッフ》を出して《有象夢造》を防ぐというプレイを狙っている。

 

マナ加速を出すと手札が減るが、クリーチャー0の状態から勝てるデッキではないので、多少は強気にいかないとどうしようもないと考えている。マナ加速クリーチャーを優先したいのは、万が一《シリンダ》+革命チェンジを手札に残せた時に、進化元として手札に抱えられるとより強力なため。

 

相手の初手マナチャージが《デッドダムド》や《ジルコン》で、他の対面だと考えて2ターン目に《奪取》を出してしまった場合は《シャッフ》とマナ加速が抜かれないようにお祈りをしてほしい。

 

【アポロヌス】

《オニカマス》で《アポロヌス》をバウンスをしないと4ターン目がないので、絶対に召喚するためにもマナ加速で山札を掘る。

 

ただし、もし《カチコミ》+《レッドゾーン》だけで攻め込んできた場合は、バウンスを行わない方がよい。

《レッドゾーン》が手札に戻ると継続的にクリーチャーが破壊されるため、こちらがジリ貧になり、相手に余裕を生んでしまう点が苦しい。

 

しかし、バウンスを行わなければ盾からリソース回復ができる。

《レッドゾーン》の攻撃や《進化設計図》《エボリューション・エッグ》などを止められる《シャッフ》、《メイデン》+《オニカマス》、トリガー《ドロキオ垓》から《パラスキング》侵略などで立て直しを図る。

 

後攻の場合、非常に負ける可能性が高いので、まずは生き残れるように《オニカマス》を出す。

進化元を用意できていない、《設計図》でパーツを回収されなかったなどで先攻3ターン目を生き残れそうであれば、《奪取》を出して《メイデン》+《オニカマス》の並びを狙う。

 

【ゼーロベン】

《シャッフ》《ツネキン》が除去されやすいため、まずは3体並べて4キルも視野に入れておく。仮に4キルできずとも、シールドを削りつつ、追い打ちとして出す《シャッフ》《ツネキン》は1ターンで除去されても十分な価値がある。

 

マナ加速から続けて召喚する2コストは《ドロキオ垓》を優先したい。

《ジルコン》のブロッカーを無視できるためワンショットの補佐になる上に、仮に《ジャドク丸》で破壊されても、ムゲンクライムで盤面を維持しやすい。

また、6コストであるため、《Disカルセ・ドニー》のスレイヤーを無視してブロックしたり、《B・F・Fモーメント》でバウンスされる可能性が低いアタッカーにもなる。

 

【ガイアハザード退化】

《自然の四君子 ガイアハザード》が出ればほぼゲームエンドなので、その前にゲームを決めることを目指す。

4ターン目の《シリンダ》のドロー枚数を増やして、ダイレクトアタックか《ミラダンテⅫ》へのチェンジを狙う。

受け札が比較的G・ストライクに寄っているので、《熱血の物語》+革命チェンジのケアも兼ねる《オニカマス》は召喚しておきたい。

 

【4c邪王門】

基本的には【ガイアハザード退化】と同じく、革命チェンジケアの《オニカマス》を添えた上で最大限ドロー枚数を増やし、革命チェンジを通せるように立ち回るが、デッキの性質上、4ターンキルは非常に決まりづらい。

 

そこで、《レッドギラゾーン》+《オニカマス》+《奪取》の盤面を作ることを意識する。こうすれば《熱血の物語》に《レッドギラゾーン》バウンス+マッハファイターで攻撃をされても、水文明クリーチャー1体は残る上に、《熱血の物語》がタップした状態でバトルゾーンに存在する状況を作り上げられる。

手札に帰ってきた《シリンダ》と追加の低コストクリーチャーを召喚しつつ、再度《レッドギラゾーン》への革命チェンジを行い、《熱血の物語》を殴り返して再利用を防ぐ。

 

革命チェンジ、革命0下の《熱血の物語》を除いた場合、【邪王門】側から《レッドギラゾーン》を破壊する方法はそう多くない。

その起点となる《熱血の物語》を潰せば盤面を守りやすくなる上に、山札操作も封じて《百鬼の邪王門》のカウンターとしての価値を下げることにも繋がる。

 

手札に進化元+《シリンダ》や《レッドギラゾーン》2枚目といった打点を抱え込みつつ、《邪王門》や《一王二命三眼槍》を消費させていくことを目標とする。

 

【ジョーカーズ】

3ターン目に《シャッフ》を出して《7777777》による《奪取》の除去をケアしつつ、次のターンに《レッドギラゾーン》を着地させる準備をする。

《ポクチン》のバウンスだけでなく、《ジョリー・ザ・ジョニー Final》のケアもできるため、《ツネキン》を続けて出したいところ。

 

《パーリ騎士》が絡むと《決断》のG0が早まってしまうため、なるべく相手の墓地にカードがない状況を作るためにも《シャッフ》が必要。

 

【ラッカ鬼羅.Star】

《シャッフ》の項で記載したように、まずは《T・T・T》を止めて次のターンにすぐ《レッドギラゾーン》を着地させる。
同じターンに《オニカマス》も出せたらなおよい。

 

しかし、《奇石 ミクセル》から入られて3ターン目に《シャッフ》を召喚しても場に残らない、召喚できてもメタクリーチャーを除去できない、後攻を取って《シャッフ》に《シャッフ》を当てられるなど、4ターン目の《レッドギラゾーン》が実現不可能になるパターンも少なくない。

 

そのような場合はマナ加速をしつつ《オニカマス》で遅延を行い、なるべく早期に《レッドギラゾーン》を召喚することを目指す。

《レッドギラゾーン》のマッハファイター対象としては、《「正義星帝」<鬼羅.Star>》、《可憐》、《シャッフ》など。

その中でも、最悪《<鬼羅.Star>》に進化してこちら側の《シャッフ》の効果から逃れられる上に、《シリンダ》のアタッカー運用も咎めてくる《可憐》は特に優先的に倒したい。

 

また、《<鬼羅.Star>》や《シャッフ》にはなるべくシールドを攻撃させることを意識する。そのために、この2体にパワーで負けるクリーチャーは極力タップさせないこと。

 

盾が減れば《シリンダ》の革命2で打点を減らしつつ《<鬼羅.Star>》のブロッカー付与も無効にできるので、攻めにも守りにも転じられる。

 

【火単我我我】

《ツネキン》があれば最優先で召喚し、《赤い稲妻》《カンゴク》といったパワーが高いクリーチャーをバウンスしながら《奪取》と合わせてシールドを攻撃する。

 

《メイデン》+《ドロキオ》、《シャッフ》でも十分に効果的だが、《ブランド》自体の召喚は通してしまう。

 

《ドロキオ》の場合はブロックと効果による攻撃不可があり、パワーが高いクリーチャーの攻撃回数を最低限に抑えられているので盤面を維持しやすいが、《シャッフ》の場合は《奪取》を失うと場に残るクリーチャーは1体だけでマナも伸びていない。

《奪取》→《シャッフ》の場合は《ブランド》に殴り返される裏目が大きく、なるべく《奪取》はタップさせない。

 

後攻の場合、《ブランド》が召喚されず、シールドが十分に残っていれば先攻と同じ動きでも差し障りはないが、パワー3000以上のクリーチャーが攻撃できる状態で《ドロキオ垓》がトリガーした場合は慎重に考える。

 

Wブレイカーの攻撃とパワーで勝てる小型にブロックを当てたいので、《赤い稲妻》や《カンゴク》の攻撃によるシールド1枚分は甘んじて受け入れて、バトルゾーンに残した方が4ターン目も生き残りやすいか。

 

採用候補カード

《ミノガミ<サガ.Star>》、《Code:1500 <アダム.Star>》

《シャッフ》の次のターンに使える除去カードでありながら、《パラスキング》に侵略できるコストとスター進化による耐性が魅力的な2種。

4ターンキルプランが成立しづらい、3ターン目に《シャッフ》を優先したい対面に対して刺さりやすく、さらにドロー効果で《レッドギラゾーン》を引き込める。

 

同じく除去効果持ちの《ツネキン》と比較すると、それぞれ破壊と召喚ロックつきバウンスであるため、除去としてはより強力だが、4ターン目に出しても頭数が増えてないという点は大きなデメリットになる。

 

4ターン目に《シャッフ》を残すために《奪取》を進化元にすると、マナ加速も絡んでいないため、5ターン目に5マナしか使えない上に盤面にいるクリーチャーは2体。

盤面に多くのクリーチャーがいればいるほど強力になる《シリンダ》や《レッドギラゾーン》といったカードを有効活用するのに時間を要してしまう。

 

だが、除去としては多少効果が薄くとも、《ツネキン》は1体のクリーチャーとして場に残る。

《シリンダ》のドロー枚数を増加させ、《レッドギラゾーン》のアンタップ対象にもなるため、純粋なクリーチャーであるメリットは非常に大きい。よって今回はメタ効果も持ち、《奪取》を場に残せる《ツネキン》を優先した。

 

《ボルシャック・サイバーエクス》

メタクリーチャーを除去しながら自身も革命チェンジ元になれる上に、ファイナル革命を消費しない革命チェンジ先なので《ミラダンテⅫ》や《レッドギラゾーン》を手札に返す裏目が少ない。

さらに6マナなので、《奪取》→マナ加速→このカードでも《レッドギラゾーン》を手札に持っていれば4ターンキルを狙える。

 

《シリンダ》を手札に戻せる革命チェンジの枚数は多い方がよく、フィニッシャー2種に追加として入れる革命チェンジ先としては非常に魅力的なのだが、自然文明を生めない多色という点が気になったので今回は不採用にした。

 

《蒼狼の王妃 イザナミテラス》

進化元ごと《シリンダ》を踏み倒せる。

3ターン目までの動きが《奪取》→マナ加速だけでも、4ターン目にこのカードから《シリンダ》を出せば、コマンド1体に加えて《レッドギラゾーン》でアンタップするためのクリーチャーが2体揃いワンショットを狙えるようになる。

2コスト+《シリンダ》よりも1マナ軽いコストでありながら、自身の効果も合わせてそれ以上に手札を増やせるのは非常に強力。

 

また、《赤い稲妻》程度であれば除去もできるため、同じく小型クリーチャーを並べるデッキに対しても刺さる。

 

今回はより除去として効果的な《ツネキン》を優先したために不採用にしたが、自分の動きに振り切りたいなら2枚程度の採用は十分考えてよいと思っている。

その際は4ターン目に頭数を揃え、《イザナミ》と《シリンダ》をセットで揃えやすくしたいので《コモリ》の枚数も増やしたい。

 

《大地門ライフ・ゲート》

不足しがちな自然文明単色でありながら、水文明のクリーチャーを踏み倒すことができるので、防御札に要求される「水文明クリーチャーをバトルゾーンに残す」という条件を満たせる。

《ドロキオ垓》に次ぐトリガーとして入れることも考えたが、《奪取》かマナ加速を出さないと次のターンの使用可能マナが減ってしまうため《シリンダ》などのカウンターに使うカードをプレイしづらくなる点は無視できない弱点である。

 

また、現環境ではトリガーとしては【アポロヌス】に対しては無力である点も痛い。

さらに、呪文であるため《ガイアハザード》への解答になるかと思いきや、こちら側がこのカードを唱えられる6マナ域であれば、【ガイアハザード退化】側は既に《絶望と反魂と滅殺の決断》《熱血の物語》などで盤面制圧が可能である。

つまり、このカードを使える状況では既に手遅れとなっている可能性が高く、役割を遂行するのが難しい。そこで、今回は不採用にしている。

 

おわりに

ここまでご覧いただきありがとうございました。お楽しみいただけたでしょうか。

 

私含み、【シリンダミラダンテ】はファンの多いデッキだと思いますので、皆様の構築の一助になれば幸いです。

 

《キユリ》《オニカマス》という選ばれないクリーチャーを《レッドギラゾーン》でアンタップさせたり、《シリンダ》の革命2から大逆転をしたり、使えば使うほど引き込まれるデッキに仕上がりました。ぜひ組んでみてくださいね。

 

また、記事内でも触れた【火単】を含むデッキとの対戦を収めた動画を収録したので、下記リンクのチャンネルでアップロードを行う予定です。

興味が出た方はチャンネル登録をしていただけると励みになります。

www.youtube.com

 

最後になりますが、この記事の執筆にあたり、CS運営の皆様、対戦相手の方には感謝を申し上げます。

 

お相手はかにかまでした。面白いと思った方は、ぜひSNS上でのシェアをよろしくお願いします。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

【デュエマ20周年】難問デュエマクイズ #デュエマクイズアソート20 に挑戦せよ!【クイズ】

かにかまです。

久々のブログ更新となる今回は、デュエマでクイズを作成しました!

全10ジャンルからなり、1問のものと3問のものが5問ずつ存在しています。

難しいものも含まれているため、目安の制限時間は15分~20分。

デュエマ20周年にちなみ、全て正解すると20点になるように作られていますが、どれも一筋縄ではいかない問題ばかり。皆さんはどれくらい解けますか?

紙とペンを持って、早速チャレンジ!

感想はブログ記事下部のツイートボタンからお待ちしています。

 

※注意点

1 カード名が答えになる場合、問題画像において注釈がない限りは冠詞の省略やひらがなでの記述をしていただいてもかまいません。

また、正式名称必須の問題においても、冠詞の間に空ける半角空白に関しては判定外とします。

2 解答を書いた紙などの画像付きで感想のシェアを行う際は、問題番号に〇や×を書き、解答自体は隠していただけるととても嬉しいです。

未プレイの方へのご配慮を何卒よろしくお願いします。

 

※当記事およびクイズはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

 

 

問題画像

Q1(1点) 並び替え①

Q2 並び替え②

※この問題に関する備考

問題文の解釈次第では答えが変わる可能性がないかに関して説明させていただきます。

発売日は公式サイトに記載されている発売日を参照します。

「最初の動画」は「生配信のアーカイブをアップロードしたもの」でも、「その次にアップロードされた、生配信で使われた素材」のどちらと解釈していただいても大丈夫です。正解に影響はありません。

放送日は「新番組」として始まる際の予告に使われていた日時を参照します。

急な修正の為、文字で失礼しました。

 

Q3 グラフ問題

Q4 仲間外れ指摘(イラスト)

Q5 あるなし

※お詫び
出題画像では《大迷宮亀 ワンダー・タートル》の名前の間に半角空白が入っていませんが、実際のカードには空白が入っています。申し訳ありませんが、あるものだと考えて答えてください。

Q6 〇×問題(1点×3問)

Q7 ツインパクト四則演算

 

 

Q8 カード名穴埋め(正式名称必須)

 

Q9 フレーバーテキスト

 

Q10 ルビ&イラストからカード名(正式名称必須)

 

 

解答・解説

Q1

A: 3>2=5>4>1(旧>>>新)

まずはじめに登場したのは闇文明単色のエンジェル。

《魔聖デス・アルカディア》が該当します。

 

続いて登場するのはサイバー・コマンドとガイア・コマンド。共に32弾で初登場します。

それまでは文明固有のコマンドを持たない両文明に、ようやくコマンドが登場しました。

 

4番目に登場したのはフレイム・コマンド。36弾で初登場しました。

名前に《XX》を持つクリーチャーの多くが持つ種族であり、強く記憶している方も少なくないのではないでしょうか。

 

そしてこの中では最後に登場したのが光単色のデーモン・コマンド。DMR-06で初登場しました。

ミステリーを彷彿とさせる名前が多く、専用サポート《クリスティ・ゲート》などはミステリの女王こと「アガサ・クリスティー」まんまです。

 

同時期に闇文明のエンジェル・コマンドがフィーチャーされたことも懐かしいですね。

世代によっては、光デーモンと闇エンジェルを等号で繋いだ人も存在するかも…?

 

Q2

A:2>1>3

 

まず起きたのはデュエチューブ最初の動画アップロード。

デュエチューブ生放送のアーカイブが2021年3月11日、その後にアップロードされた短い動画(アーカイブの中で使われていた映像素材)が同年の3月12日となります。

どちらを参照しても、順番に影響はありません。

 

続いて起きたのは「超獣王来列伝」の発売。2021年3月20日のできごとです。

新能力「ガード・ストライク」の登場や、カードを取り出した時に見える禁断文字などが印象深い商品ですね。

 

最後に起きたのは『デュエル・マスターズ キング!』第一話の放送。2021年4月4日のできごとです。

合成獣「ディスペクター」を操るジェントルと切札ジョーの戦いの幕が切って落とされました。

 

Q3

A:そのコストに属するクロスギアの枚数(進化クロスギアを含む。今回はただ単に「クロスギア」と書いていても正解にします)

 

1コストが13枚、2コストが21枚、3コストが20枚、4コストが12枚、5コストが8枚、6コストが1枚、8コストが1枚、10コストが2枚、それ以上は存在しない…という内訳です。

《超銀河弓 ANOTHER》、《超銀河剣 THE FINAL》の存在に気づくことができればスムーズに解けたかもしれません。

 

Q4

A:③

①、②、④は全て《地獄門デス・ゲート》のイラストです。

①ははじめてパックに収録された時から多くの同名カードで使われているイラストであり、馴染み深い方も多いかと思います。

(E1版を保存し忘れたたため、クロニクル版で失礼します。)

 

 

②は「デュエデミーパック」に収録されたもの。

「デュエデミー賞選考会」において「S・Tゲート部門」で優勝したこのカードが「ツインテール化」されてフォイル仕様で再録されました。

 

④は初代「ブラックボックス・パック」に収録されたゴクオーくんコラボ。

同時期に開催された次世代WHFでは、同じくゴクオーくんイラストの《魔刻の斬将オルゼキア》のプロモも配布されました。

 

唯一違う③は《デーモン・ハンド》のイラスト。

イラストに描かれた《デス・ハンズ》と同じくNAKAMURA8先生によるイラストが格好いい一枚です。

 

Q5

A:種族「スペシャルズ

公募のデザインがカード化するスペシャルズは十王篇まで収録され続け、その数はなんと74種類!

ジョー篇も間もなく終わるということで、今回はこの種族にスポットを当ててみました。

いい感じにゆるい雰囲気がある《エイエイオー》、名前の中に「・」が入る《ナゾの光・リリアング》など微笑ましいものもあれば、《超救命主 タイヨー》のようなバリッバリに格好いいイラストもあって本当に面白いので、「スペシャルズ」の種族検索は一度試してほしいです。

 

Q6

A ××〇

1 ×

〇と答えた人も少なくないのではないでしょうか?

事実、《アルカディアス・モモキング》の登場以前はコマンドを持つジョーカーズは存在しませんでした。

しかし、継承するクリーチャーの種族を引き継ぐ「スター進化」の登場で状況は変化し、「コマンド」を持つクリーチャーを継承した彼らは「コマンド」種族を持つというわけです。

 

2 ×

後の問題でも出てくる《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》、《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー》など、超天篇はGRクリーチャーの登場以外にも上下の文明が違うツインパクトが多くリリースされたことも印象深いです。

しかし、上下の文明が違うツインパクトは超天篇初登場ではありません。

双極篇時点で《天地鳴動 バラギアラ/輪廻暴○》シリーズが存在しているためですね。

勢いで「ウォズレックとか出てるし〇!」とやると間違えるかも。

 

3 〇

現在存在するデッドゾーンのイラスト3種がこちら。CS版とGP版は同じイラストなので省略。

全てMikio Masuda(増田幹生)先生によるものです。どれも違ったよさがあっていいですね…。

イラストレーターにも目を向けてみましょう。

 

 

Q7

A:17 14 20

1

 

《オブザ/終焉の開闢》の上下差が6、《ゾレーゴ/「大当たり」》の上下差が4、《バンビ/「我が力」》の上下差が7なので、数字に直すと「6×4-7」で17。

 

2

《5000TypeR/無法頂上会談》の上下差が9、《ミクセル/チャフ》の上下差が3、《カリヤドネ/ハーミット》の上下差が11なので、数字に直すと「9÷3+11」で14。

 

3

《ウォズレック/審問》の上下差が4、《レレディ/ツインパクト・マップ》の上下差が6、《ホーリーエンド/ネバー》の上下差が2なので、数字に直すと「(4+6)×2」で20。

 

「ツインパクト四則演算」というジャンル自体が割と難しいものだと思うのですが、いかがでしょうか。

 

Q8(正式名称必須)

1 (超竜バジュラ)・セカンド→A:超竜バジュラ・セカンド

 

2 プラチナ・(ワルスラS)→A:プラチナ・ワルスラS

 

3 虚(∞龍 ゲンムエンペラー)→A:虚∞龍 ゲンムエンペラー

 

名称集合をクイズにしたものです。

《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》や《あたりポンの助》で2体以上止められるようになるので、これはプレイヤーとしてはぜひとも押さえておきたい問題です。

《「正義星帝」》を宣言すれば、彼一枚に加えて《「正義星帝」<鬼羅.Star>》、《「正義星帝」<ダンテ.Star>》《「正義星帝」<ライオネル.Star>》の全ての効果を封じれるなどの実用的なテクニックになります。

 

Q9

1 ドラゴンズ・サイン

2 次元の嵐 スコーラー

3 砕慄接続 グレイトフル・ベン

 

《ドラゴンズ・サイン》は現在も《龍風混成 ザーディクリカ》や《最終龍覇 グレンモルト》などのカードと組み合わせて使われています。

フレーバーテキストのように《ヴァルハラナイツ》を出すことは少なくなりましたが、背景ストーリー主人公の《グレンモルト》はもちろん、《ザーディクリカ》の元になった《スペルサイクリカ》も《ドラゴンズ・サイン》と同じくドラゴン・サーガ期のカード。

組み合わせて使われているのはなかなかに感慨深いですね…。

 

《次元の嵐 スコーラー》は先ほども取り上げたスペシャルズ。かわいい顔してデュエマではEXターン、イラストでは「かみなりなど」をおこすなかなかに厄介なカードですね。「など」のほんの少しの曖昧さが好き。

 

《砕慄接続 グレイトフル・ベン》は効果・イラストもさることながら、フレーバーのオシャレさにも触れてほしいので問題に。

出てきた時の絶望感も相まってかなりいい感じ。

ディスペクターのフレーバーはディスペクト元の要素の拾い方が格好いいものが多いので、一度読みましょう。

《魔素縫合 アモデゴラス》あたりがおススメです。検索してください。

 

Q10{正式名称必須}

1 傾国美女 ファムファタァル

2 英知と追撃の宝剣

3 ”血煙”マキシマム


《傾国美女 ファムファタァル》が最難関でしょうか。というわけでじっくり行数を取ります。

そもそも「傾国」部分が難しめだったり、美孔麗王国特有の「ァ」などのカタカナ、「・」を入れるか入れないかなど割と引っかかる要素が多い問題です。

美孔麗王国は「プロタゴニスト」や「マチネソワレ」など演劇・文学関連の名前が多く、そこから派生した知識を取り入れていると解きやすくはなります。

 

ここで用語解説。「傾国美女=政治を疎かにしてしまうほどの美女」と「ファムファタァル(ファム・ファタル)=男性を破滅させる魔性の女」は意味が似通っていますね。

つまり、《傾国美女 ファムファタァル》はだいたい「ドラゴン龍」みたいなものです。皆も明日から友達に自慢しよう!

 

《英知と追撃の宝剣》はもう中二心をくすぐりまくりますよね。漢字、ルビ、イラスト、(自分で使う時の)効果どれを取っても格好良い一枚です。語ることがない…。

 

《”血煙”マキシマム》はビートジョッキーから選出。

《BAKUOOON・ミッツァイル》などの「O」の数を書かせるのはしっくり来なかったので、当て字読みの中でも漢字の難易度は低めなこのカードをチョイス。

《”乱振”舞神 G・W・D》とかはちょっと厳しいんじゃないかな…?

 

おわりに

いかがだったでしょうか。7割取れたらかなり上出来です。すごい。

皆さまが遊ばれているデュエマのカードって、本当に色々な要素が組み合わさってできているんですよね。

だからこんなにクイズを作ることだってできるし、このクイズを見てくれている方がいるわけで。

デッキを組んでデュエマを実際にプレイするだけではなく、こういう風にカードが持つ様々な要素に目を向けるのもまたデュエマというコンテンツが持つ面白さ。

20周年を迎えたデュエマはまだまだ進化し続け、沢山の人を魅了し続けることでしょう。

私たちが、そして未来のプレイヤーがデュエマというコンテンツを楽しめる日が一日でも長く続きますように。

ここまで読んでいただき、誠にありがとうございました!

YouTubeチャンネルもありますので、ぜひそちらも目を通していただけるとありがたいです。

かにかまDM研究所 - YouTube

またどこかでお会いしましょう。お相手はかにかま(@Rev_kanikama8)でした。

【デュエマ】シリンダミラダンテ構築実践① 佐助バイケン抜き水自然型【オリジナル】

かにかまと申します。

当企画「シリンダミラダンテ構築実践」は様々な【シリンダミラダンテ】を実際に構築する企画です。初回は【水自然型シリンダミラダンテ】をご紹介。

目次から好きな箇所に飛べるようになっているので、気になった部分だけでも是非読んでいただけると嬉しいです。

 

※当記事はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

 

※注意書き

①デッキ画像としてガチまとめ様のサービス「Deckmaker」の画像を使用しています。

②オリジナルレギュレーションに対応した構築です。

③個別カード紹介ではフルネームを用いますが、可読性のため、解説内でカード名に言及する場合には、冠詞などを省略した名称を使う場合があります。

何卒ご了承ください。

 

 

☆現代【シリンダミラダンテ】前提知識

【シリンダミラダンテ】は《革命龍程式 シリンダ》のドロー効果で《時の法皇 ミラダンテⅫ》をはじめとした革命チェンジ先を引き込み、即座に革命チェンジを行うデッキです。

f:id:kanikama28:20220226112712p:plain
f:id:kanikama28:20220226121731p:plain

革命チェンジした《シリンダ》を召喚しなおすことで、ビートダウンを行いながらも息切れせずに戦うことができます。

 

《ミラダンテⅫ》は殿堂入りしましたが、《轟く革命 レッドギラゾーン》を採用することで《ミラダンテⅫ》殿堂以前と変わらない、あるいはそれ以上の決定力を手にしました。

f:id:kanikama28:20220226121715p:plain

自身以外のクリーチャーを全てアンタップするファイナル革命が非常に強烈で、《シリンダ》のドローのために並べたクリーチャーがそのままフィニッシャーになります。

革命チェンジ元になるコマンドとそれ以外のクリーチャーが2体いれば、先に2体で攻撃した後に《レッドギラゾーン》を出してそのままワンショットを狙うことも。

 

しかし、《シリンダ》のコストは5。相手に何も干渉せず、ただマナを貯めているだけでは相手に後れを取ってしまいかねません。

そこで、2種類の手段を用いて《シリンダ》を出しやすくします。

一つは《Re:奪取マイパッド》や《一撃奪取 マイパッド》を用いてコストを下げるというもの。

f:id:kanikama28:20220224221322p:plain
f:id:kanikama28:20220227135652j:plain

《シリンダ》だけではなく、他の水文明クリーチャーのコストも下げられるため、この効果を活かして早期に大量展開をしておけば、より多く《シリンダ》でドローすることができます。

※文字数の削減のため、以降の文章では、「最初に召喚するクリーチャーのコストを1下げる2コストのクリーチャー」のことを「《奪取》」と表現します。ご了承ください。

 

もう一つは《オニカマス》や《シャッフ》などの優秀な水文明のメタクリーチャーを使用し、《シリンダ》着地までの時間を稼ぐというもの。

f:id:kanikama28:20220226121640p:plain
f:id:kanikama28:20220227075639p:plain

《オニカマス》は選ばれないことで、《シャッフ》は自身への殴り返しを防ぐことで自身の場持ちをよくし、《シリンダ》のドロー枚数を保ちやすいのも特徴と言えるでしょう。

 

また、万が一《シリンダ》召喚よりも先に相手に攻められても《終末の時計 ザ・クロック》があるので、生半可な攻撃では負けません。

f:id:kanikama28:20220226121757p:plain

さらに《シリンダ》にはドロー効果に加えて革命2があり、相手のクリーチャーの攻撃とブロックを封じることができるため、《クロック》を起点にカウンターに転じることも可能です。

 

ここまでの記述は【シリンダミラダンテ】というデッキタイプ全体に当てはまるものですが、紹介してきたカードは水文明のカードだけであり、それ以外のパーツは自由。空いた枠で様々な構築を考えることができます。

《エヴォ・ルピア》を利用して4マナで《シリンダ》を使いまわせる【火水光(ラッカ)型】、《Re:マイパッド》に加えて《一撃奪取 マイパッド》で初動の再現性を確保し多色事故の発生率を低くした【準水単色型】などもありますが、今回紹介するのはタイトル通り【水自然型】。
ここからは【水自然型】独自の強みに迫ります。

 

☆水自然型特有の強み

水自然文明型の強みはなんといっても「《珊瑚妖精キユリ》」と「マナ加速クリーチャー」を二本の柱とした高い展開力です。

 

高い展開力により、クリーチャーの数だけドローできる《シリンダ》、自身以外をアンタップする《レッドギラゾーン》の両者をより強く扱うことができます。先述したコマンド+2体のワンショットは3ターン目に3体のクリーチャーを並べ、4ターン目に内1体を《シリンダ》に進化させれば頭数が揃うため、最速4ターンキルも現実的。

 

まずは《珊瑚妖精キユリ》をご紹介

f:id:kanikama28:20220226120705p:plain

G・ストライクで延命を行える《Re:マイパッド》に加えて採用する《奪取》として非常に強力です。選ばれないことから場持ちがよく、軽減効果で横並びを促進しながら自身も場に残り続けるため、《シリンダ》のドロー枚数増加に強く貢献します。

また、選ばれないことはG・ストライクやS・トリガーをケアできるアタッカーとしての役割にも繋がり、《レッドギラゾーン》でアンタップするクリーチャーとしても無駄がありません。

 

再現性を高めるためとは言え、G・ストライクを持たないことから下位互換に甘んじている《一撃マイパッド》ではなく、選ばれない《キユリ》で《奪取》を8枚にできることは強力です。

しかし、《奪取》は軽減によって実質の使用可能なマナの数を増やしているだけで、実際にマナが増えているわけではないので、それに起因する弱点も少なくありません。

そこで、その弱点を補うのが「マナ加速クリーチャー」です。

ここではいくつか《奪取》の弱点を取り上げ、それらがマナ加速を入れることによって改善されることを実証しましょう。

 

☆想定される《奪取》の弱点とマナ加速による弱点の補完

①《奇石 ミクセル》などマナ参照型の妨害を喰らい、後れを取る

f:id:kanikama28:20220227074231p:plain

《ミクセル》などのマナ参照メタカードは踏み倒しデッキの天敵。

1ターンに一度のマナチャージだけでは、革命チェンジ元となる《シリンダ》は5ターン目まで、ワンショットには自身の2点が必要不可欠な《レッドギラゾーン》に至っては7ターン目までバトルゾーンに残せません。これでは先に相手にダイレクトアタックされてしまいます。

しかし、マナ加速を用いると実際にマナが伸びているため彼らを場に残しやすいです。

特に《シリンダ》は革命チェンジ元でありながらパワー6000のW・ブレイカーと決して自身のスペックも低くなく、《ミクセル》下でも5マナあればとりあえず召喚しておいても悪くありません。

次の自分のターンに別のカードでマナ加速や除去を行って《レッドギラゾーン》に革命チェンジするプランを見据えられるだけではなく、革命チェンジを狙わずとも、《シャッフ》などで妨害を行いながら小型クリーチャーと同時に攻撃するプランに移行することもできます。

 

②バトルゾーンから離れれば効果が消える

《奪取》は除去されるだけではなく、進化元にしても効果を発揮できなくなります。

しかしマナ加速クリーチャーは破壊されてもマナが残っているため被害を最小限に抑えられる上に、進化元にすると召喚して再度リソースを伸ばすことができるため、無駄がありません。

 

③2コストクリーチャーに対して軽減が超過し、2コストクリーチャー→《シリンダ》の順番で召喚しづらい

先述の通り《奪取》はクリーチャーのコストを減らすことで実質の使用可能マナを増やしてはいますが、それは1体目のクリーチャーのコストにのみ有効。

5ターン目まで毎ターンマナチャージをしていて、バトルゾーンに《奪取》が2体いれば、5マナと2コストの軽減を合わせて実質使用可能マナは7ですが、2コストのクリーチャーを0コストにすることはできず、召喚には1マナ使用してしまいます。すると4マナしか余っていないため、《シリンダ》に進化させることは不可能です。

では、同じように毎ターンマナは置き続けたままで、2体プレイしていた《奪取》のうち1体をマナ加速に変えてみるとどうでしょうか。

実質使用可能マナこそ7と同じですが、6マナに加えて軽減1と内訳が変わりました。これで、2コストクリーチャーを1マナで召喚しても5マナ余るため、《シリンダ》を進化させることができます。

アルカディアス・モモキング》のタップインに対して2コストクリーチャーを囮にして、本命の《シリンダ》をアンタップインで召喚したり、相手の《シャッフ》の宣言が5で、既に召喚してあったクリーチャーから《シリンダ》に進化すると攻撃できない状況下で、《シャッフ》の影響を受けない、新規に召喚したクリーチャーから進化させるなどの細かなプレイができるため、2コスト→《シリンダ》の順番でプレイできるメリットは非常に大きいです。

f:id:kanikama28:20220227081301p:plain
f:id:kanikama28:20220227075639p:plain

 

上記のようなメリットを得られるマナ加速の重要性が分かったところで、次はどのようなマナ加速カードを選ぶべきかを考えましょう。

 

☆どのマナ加速を選ぶべきか

先述した通り、《シリンダ》を召喚するためのマナ加速を行うためのマナ加速であり、かつ盤面に残ってドロー枚数を増やしたいことを考えると、《シリンダ》召喚前に使用できるコスト4以下のクリーチャーである方が望ましいです。

 

《電脳鎧冑アナリス》は水文明を含むクリーチャーとしては唯一2コストでマナ加速を行えるクリーチャーではあるものの、盤面に残らず《シリンダ》のドロー枚数を増やせないため相性はよくありません。

f:id:kanikama28:20220227075135p:plain

そこで、マナ加速クリーチャーはコスト3か4で、盤面に残る以下のものから選ぶことになります。

 

3コスト

f:id:kanikama28:20220227081622p:plain
f:id:kanikama28:20220226121850p:plain
f:id:kanikama28:20220227075613p:plain

・《デュエマ・ボーイ ダイキ》

・《眼鏡妖精コモリ》

・《Disメイデン》

 

4コスト

f:id:kanikama28:20220226122002p:plain
f:id:kanikama28:20220226122019p:plain
f:id:kanikama28:20220226122044p:plain
f:id:kanikama28:20220227081907j:plain

・《ウマキン☆プロジェクト》

・《妖精 アジサイ-2》

・《怒流牙 佐助の超人》

・《アクア・オドッテミタ》

 

4コストの方が選択肢が多いものの、①~④のメリットがあるため、まずは3コストのものを優先して採用した方が好ましいです。

 

①《奪取》から3ターン目に繋いでも相手の《ミクセル》でバトルゾーンから離れない

②2ターン目に《オニカマス》を召喚した、あるいは《奪取》を召喚したが最初のマナチャージが多色であった場合でも3ターン目に召喚できる

③《奪取》から3ターン目に召喚して、効果でアンタップインマナを置けば2マナ余るため、続けて《オニカマス》や《Re:マイパッド》などの2コストを召喚できる

④7マナ時(《奪取》下は6でOK)に召喚して、効果でアンタップインマナを置くことができれば5マナを残せるため、即《シリンダ》に進化するクリーチャーとしては事実上2マナとして扱うことができる

 

3コストのうち、《ダイキ》の「山札の上から1枚目をマナゾーンに置く」は狙って好きなカードをマナゾーンに置けない点で《コモリ》、《メイデン》の「1枚ドローして手札1枚をマナに置く」に劣っています。

手札から好きなカードを選んでマナに置けるため、単色を置いて③と④の動きを行いやすい《コモリ》か《メイデン》の方がより強力です

f:id:kanikama28:20220226121850p:plain
f:id:kanikama28:20220226121913p:plain

今回のレシピではブロッカーによる延命だけでなく、各ターン最初の多色マナをアンタップさせられる能力が魅力的な《Disメイデン》を選択しました。

 

さて、先ほど3コストを優先するべきとは言いましたが、4コストでも《ウマキン》と《アジサイ-2》の2種は山札の上から2枚を見られるため、《シリンダ》や《レッドギラゾーン》を手札に加えやすい点が強力であることは事実。《メイデン》以降を採用してなお余った枠の選択肢と考えるのもよいでしょう。

f:id:kanikama28:20220226122002p:plain
f:id:kanikama28:20220226122019p:plain

特に《ウマキン》はコマンドであり《レッドギラゾーン》とのシナジーもあるため、記事後半の「有用な採用候補カード」の項で詳しく解説しています。

 

では、残り2種はどうでしょうか。

まずは《オドッテミタ》ですが、4コストのマナ加速クリーチャーで行いたいことは3コストで補完できない手札補充です。トリガーブロッカーという強みはありますが、パワー1000と低く、気休め程度にしかなりません。

 

《佐助》も手札補充自体はできていないため、自分のターンに使うマナ加速としては3コストクリーチャーに劣っています。

また、このカード独自の強みと言えば「ニンジャ・ストライク」による相手ターンの踏み倒しおよび《斬隠蒼頭龍バイケン》と合わせた防御札への転用ですが、その強みが以前ほど効果的ではなく、現在は採用価値が高くないと考えました。

f:id:kanikama28:20220226122106p:plain

ここからは、なぜ《佐助》+《バイケン》の採用価値が低いのかの考察を行います。

 

☆なぜ《怒流牙 佐助の超人》+《斬隠蒼頭龍バイケン》は採用価値が低いのか

相手ターンに真価を発揮する《佐助》+《バイケン》の強みとして、以下のものが挙げられます。

①好きなタイミングで相手のクリーチャーを除去することができる

②革命チェンジ元を用意できる

③マナを増やして《シリンダ》の革命2カウンターに繋げられる

④《バイケン》の効果でハンデス耐性がつく

また、《佐助》+《バイケン》が登場した2017年はゲームスピードが今ほど早くないという時代背景も評価が高かった理由の一つとして挙げられるでしょう。

 

では、2022年の今はどうなっているでしょうか。

 

相手クリーチャーの除去→バウンス一度ではスター進化やEXライフを持つクリーチャーは場に残るため、防御札として信頼が置けません。ただし、シールドから来たこのカードを好きなタイミングで使用できる点自体は依然強力。

革命チェンジ元の用意→《バイケン》は《レッドギラゾーン》に革命チェンジできず、実用性が低いです。かといって《バイケン》のために追加でドラゴン指定の革命チェンジを入れると、《佐助》《バイケン》+革命チェンジ先2~3でデッキの枠を10枚程度消費してしまうため、現実的ではありません。

マナを増やせる→通常のマナ加速と違い、《奪取》は能動的に墓地に送ることができないため、相手から破壊されなければ墓地にカードがないことも少なくありません。《バイケン》を出すとブーストできない事態が想定されます。

ハンデス耐性→ハンデス呪文であれば《シャッフ》でも妨害を行うことができます。

しかし、ハンデスデッキにはハンデス以外に盤面を取る選択肢もある《絶望と反魂と滅殺の決断》に加えて、大量展開に強い《虹速 ザ・ヴェルデ》+《SSS級天災 デッドダムド》のパッケージが入っていることも少なくないため、元々デッキタイプ単位で不利です。

仮に一度革命チェンジ元として《バイケン》を出したり、《シャッフ》で《ダークネス》を止めたところで、《デッドダムド》で容易に破壊されてしまいすぐジリ貧に陥ります。

f:id:kanikama28:20220228123345p:plain
f:id:kanikama28:20220228123358p:plain
f:id:kanikama28:20220228123414p:plain

 

このように、周りを取り巻く環境やこのデッキに採用されるカードが変化したことにより、その強みを十分に生かしきれていません。

また、このデッキで5マナ貯まっているということは必然的にマナ加速を一度絡めた4ターン目以降の話になりますが、4ターン目は上手くいけば《シリンダ》+《レッドギラゾーン》のワンショットを狙うことができるターンです。防御札のために無理に自分の動きを遅くする必要はありません。

さらに、バウンスしたい対象に対して効果がないことも少なくない上に、《奪取》を絡めて3ターン目以内に出せるメタクリーチャーを用いる方がそれらの登場を未然に防ぐことができるためより効果的です。

 

今回はトーナメントシーンで見られるデッキとの対戦を想定し、《佐助》+《バイケン》が効果を発揮できないことを確認しましょう。

そして、代案としてはメタクリーチャーを用いることを想定しますが、自然型に存在するメタクリーチャーは《オニカマス》、《シャッフ》だけではありません。

その名は《ツネキン☆ゲームス》。

f:id:kanikama28:20220224221138p:plain

マナを超過するコストのクリーチャーをバトルゾーンに出させないメタ効果が非常に強烈で、《我我我ガイアール・ブランド》などの早期に出て攻撃の起点になるクリーチャーの登場自体を許しません。

このデッキよりも早いデッキに対してとても効果的な1枚です。

 

☆《佐助》+《バイケン》の脆弱性、および代案としてのメタクリーチャーの有効性の検証

vs落城退化

主なバウンス対象:《竜魔神王バルカディア・NEX》およびその踏み倒し先

f:id:kanikama28:20220227074618p:plain
f:id:kanikama28:20220227074648p:plain
f:id:kanikama28:20220227080917p:plain
f:id:kanikama28:20220227080932p:plain

《The邪悪 寄成ギョウ》、《∞龍 ゲンムエンペラー》は《佐助》の能力を封じられるため、そもそも《バルカディア》をバウンスすることができません。

《禁断竜王 Vol-Val-8》を出された場合は《バルカディア》自体はバウンスすることができるものの、《Vol-Val-8》に攻撃されてしまいます。

《佐助》たちが自分の《キユリ》や相手の小型クリーチャーもろとも破壊されエクストラターンを取られる可能性があるので、《Vol-Val-8》を攻撃させるのは非常に危険。

かといって《バルカディア》をバウンスしなければ、《バイケン》でバウンスできない《Vol-Val-8》にダイレクトアタックを決められてしまうので八方ふさがり。せっかく《バルカディア》の攻撃で手札に加えることができても、後続の《Vol-Val-8》を選べないのであれば意味がありません。

そもそも効果が発動できない《ギョウ》、《ゲンム》にジャストダイバーの《Vol-Val-8》のせいで、《佐助》の強みである「好きなタイミングで使える」という点を活かしきれないのです。

 

代案:《シャッフ》で《龍脈術 落城の計》を止めて、《バルカディア》へ退化させない。もし《シャッフ》を召喚出来ない、あるいは召喚したが《死神術士デスマーチ》に殴り返しを受けたなどの理由で退化を止められない場合は、《オニカマス》で《ゲンム》以外の踏み倒しを封じる。

f:id:kanikama28:20220228122746j:plain
f:id:kanikama28:20220228122802p:plain

 

vs火単我我我

主なバウンス対象:《”罰怒”ブランド》および《我我我ガイアール・ブランド》

f:id:kanikama28:20220227081047p:plain
f:id:kanikama28:20220227081102p:plain

最速で3ターン目にダイレクトアタックを決められてしまうため、《佐助》をニンジャ・ストライクすることができません。

かといって《佐助》を召喚できるタイミングまで来ると、《カンゴク入道》などから得られた豊富なリソースや低コストクリーチャーの大量展開から《バイケン》のバウンス程度では止まらない打点を叩き出されます。

f:id:kanikama28:20220227081143p:plain
f:id:kanikama28:20220228122402p:plain
f:id:kanikama28:20220228122310p:plain

 

代案:《ツネキン☆ゲームス》で2種の《ブランド》を召喚させない。盤面のクリーチャーも減らすことができるので、《カンゴク》や《稲妻テスタ》などの高いパワーラインにいるクリーチャーを戻して殴り返しを阻止し、《奪取》とこのカードでビートダウンに移行することも可能。

《ツネキン》がない場合は、《シャッフ》で既にバトルゾーンにいる相手クリーチャーの攻撃を止める。《”罰怒”》および同時に出てくるクリーチャーには効果がないものの、《我我我》でアンタップするクリーチャーを減らすだけでも十分延命に繋がる。

また、《ブランド》2種を止めても間に合わないほどのウィニー大量展開をされた場合も《シャッフ》で止めることができるため、《ツネキン》と《シャッフ》は併用するとより効果的。

 

vsJO退化

主なバウンス対象:《未来王龍 モモキングJO》およびその踏み倒し先

f:id:kanikama28:20220227081224p:plain
f:id:kanikama28:20220227081301p:plain
f:id:kanikama28:20220227081320p:plain
f:id:kanikama28:20220227081247p:plain

こちらも同じく最速3ターンキルデッキで、《佐助》を召喚するタイミングがありません。

仮に《JO》の進化先に《バイケン》を当てられても、スター進化の耐性があり、《JO》がバトルゾーンに残ってしまいます。

また、仮に他のカードを併用して《JO》をバトルゾーンから離すことに成功しても、相手もすぐに《JO》を召喚できる可能性が高く、その場しのぎにしかなりません。

 

代案:《シャッフ》で《禁断英雄 モモキングダムX》を破壊する呪文を、《ツネキン》で踏み倒し自体を抑える。

ただしどちらも完全なケアとは言えず、《シャッフ》は《怒りの影ブラック・フェザー》、《ツネキン》は《バッドドッグ・マニアクス》の裏目があるので、公開領域や《進化設計図》で捲られたカードを見てどちらを出すかをよく考えること。

f:id:kanikama28:20220228122503p:plain
f:id:kanikama28:20220228122515p:plain
f:id:kanikama28:20220228122535p:plain
f:id:kanikama28:20220228122839p:plain

また、《キャンベロ<レッゾ.Star>》が絡むと効果はなくなるが、《オニカマス》は《アルカディアス・モモキング》をバトルゾーンに残させないため、できれば召喚しておきたい。

 

若干の裏目こそあるものの、《佐助》+《バイケン》を使いたい相手に対しては、その役割を《オニカマス》や《ツネキン》、《シャッフ》で代用できることがお分かりいただけたかと思います。

 

また、重視して取り上げなかったデッキでも、この3種が有効に刺さるデッキは少なくありません。

例えば【鬼羅.Star】には踏み倒し自体に刺さる《オニカマス》、リソース元の《T・T・T》を封じるだけでなく《ミクセル》などから進化する《「正義星帝」<鬼羅.Star>》に攻撃ロックを付与できる《シャッフ》、《エヴォ・ルピア》からの最速プランを咎め、バウンスで盤面からの進化も抑えられる《ツネキン》の全てが有効に機能します。

f:id:kanikama28:20220227140257p:plain
f:id:kanikama28:20220227140338p:plain
f:id:kanikama28:20220227140313p:plain

 

総じて《佐助》+《バイケン》はデッキの6~7枠を消費するほどのパッケージではなく、防御札としてもマナ加速としても中途半端な印象を拭えません。

マナ加速には《メイデン》、動きの抑制には各種メタクリーチャー、防御札には確実にターンを得られる《クロック》という風に強みが明確なカードを選びました。

 

役者が揃ったところで、デッキレシピの紹介に移ろうと思います。

 

☆デッキレシピ

f:id:kanikama28:20220226150756j:plain

 

☆採用カードの役割および枚数配分

2コストクリーチャー

《珊瑚妖精キユリ》×4

f:id:kanikama28:20220227075509p:plain

ほとんど「デッキとしての自然文明の強み」で解説済みなのでここでは軽めに紹介。
先述の通り、場持ちのよさと展開補助の両方で《シリンダ》に貢献するだけでなく、《レッドギラゾーン》でアンタップするクリーチャーとしても強力です。

また、パワーが2000あるのも地味ながら強力で、【火単我我我】に対して《ツネキン》を出して小型ビートプランに移行する際に《凶戦士ブレイズ・クロー》のパワーを超えていて殴り返しを受けない点が嬉しいところ。

 

《Re:奪取 マイパッド》×4

f:id:kanikama28:20220224221322p:plain

G・ストライクで防御を行える点と水単色2コストである点が優秀です。

滅多に起こりませんが、3ターン目までに3体並べて4ターン目に《シリンダ》に進化するだけであれば、2ターン目に《Re:マイパッド》→3ターン目《オニカマス》or《Re:マイパッド》×2→4ターン目《シリンダ》だけで完結しているため、最悪の場合は水文明だけでも動けるようにこのカードを選んでいます。

少しでも安定性を上げるために4枚。

 

《異端流し オニカマス》×4

f:id:kanikama28:20220227075548p:plain

マナ加速を取り入れたことで3ターン目に3体のクリーチャーを揃えやすくなっただけではなく、ゲーム後半の2コスト進化元+《シリンダ》の安定性も向上したため、水文明2コストクリーチャーの枚数は多い方がよいです。

さらに、《キユリ》と合わせて選ばれないクリーチャーを8枚にすると、G・ストライクやS・トリガーを気にせずにダイレクトアタックを決めやすくなるのも魅力的。

踏み倒しメタとして序盤から積極的に召喚したいクリーチャーであることに変わりはないため、最大枚数の4枚。

 

☆《奪取》から繋ぐ3ターン目以降の動き

《Disメイデン》×4

f:id:kanikama28:20220227075613p:plain

3コストマナ加速クリーチャーである理由は先述の通りですが、各ターン最初の多色マナをアンタップさせられる効果が非常に強力。

3ターン目の1体目として、多色を置いても残りの2マナでもう1体展開可能にしてくれるだけでなく、ゲーム後半の《シリンダ》の進化元としては単色確保のために《シリンダ》を埋めなくてもよいという高い安定性を誇ります。《シリンダ》の進化元として見ると、革命チェンジで手札に戻し続ける限り毎ターン最低2枚はドローできるのも魅力です。

それだけではなく、《レッドギラゾーン》を召喚するための火文明を即座に産み出せる点も見逃せません。

 

ゲーム序盤に1枚プレイすればブロッカーや進化元として八面六臂の活躍を見せる非常に強力なカードであり、なるべくゲームに絡めやすくするため最大枚数の4枚を採用しました。

 

《奇天烈 シャッフ》×4

f:id:kanikama28:20220227075639p:plain

自分よりも早いデッキに対する攻撃ロック、リソース元の呪文の封殺、トリガー呪文のケア、《レッドギラゾーン》への革命チェンジなど多くの仕事を担っています。

《キユリ》と《Re:マイパッド》で《奪取》を8枚採用しているため、3ターン目に出しやすくなっており、常にゲームに絡める選択肢を見据えるために4枚採用しました。

 

《ツネキン☆ゲームス》×4

f:id:kanikama28:20220224221138p:plain

先述したメタクリーチャーとしての防御に加え、《ドラゴンズ・サイン》や《閃光の守護者ホーリー》などのトリガーによるクリーチャー展開を起点としたカウンターも封殺できるため、防御にも攻撃にも使える優れた1枚です。

f:id:kanikama28:20220228122920p:plain
f:id:kanikama28:20220228122935p:plain

 

さらにバウンス効果があり、一度展開されても戻してしまえば再登場を許さない高い切り返し性能も魅力。EXライフシールドの焼却や革命チェンジを妨害するクリーチャーの除去にも使えます。

 

また、自分のクリーチャーも戻せるため、既にバトルゾーンにいる革命チェンジ先を再利用することも可能です。

既に革命チェンジ元になるクリーチャーがいる場合や、このカードと《シリンダ》を同同ターンにバトルゾーンに出した場合に使用します。

再利用したい革命チェンジ先を別のクリーチャーとの革命チェンジで手札に戻せない場合や、革命チェンジ自体はできるが不必要なタイミングでファイナル革命を消費してしまう場合などに有効です。

今回の構築では両方の革命チェンジ先がファイナル革命を消費してしまうので、絶対に覚えておきましょう。

f:id:kanikama28:20220226121731p:plain
f:id:kanikama28:20220226121715p:plain

 

4コストとやや重いものの、バウンスによる多彩な動きを可能にしてくれる点と水文明のクリーチャーとしてバトルゾーンに残り続ける点がデッキに噛み合っており、同じ踏み倒しメタの《ベイB セガーレ》より優先する価値があります。

f:id:kanikama28:20220228123818p:plain



デッキによっては詰みの状態まで持っていけるほどのメタ性能の高さに加えて、バウンスを持つことからどの局面でも腐らないので4枚採用。

 

☆《シリンダ》と《シリンダ》を踏み倒すギミック

《革命龍程式 シリンダ》×4

f:id:kanikama28:20220226112712p:plain

5コスト(擬似)SA、水文明単色コマンド・ドラゴン、ドロー効果持ちの全てに当てはまる唯一のクリーチャーであり、どんなカードでも完全には互換が効きません。

このカードの存在を前提に組まれたデッキであり、絡められない場合は動きを大きく損なうため4枚。

相手の《シャッフ》の効果を受けて攻撃できなくなったクリーチャーから進化させて、コストをずらして攻撃できるようにするプレイは頻出。

逆に5を宣言された場合は、既にバトルゾーンにいるクリーチャーから進化させると攻撃できないので注意。進化元として新規にクリーチャーを召喚した上に乗せましょう。

 

革命2は次の自分のターン開始まで相手のクリーチャーの攻撃・ブロックを止められる非常に強力なものですが、S・トリガーや次のターンの召喚で出た相手クリーチャーなどの効果発動後に出たクリーチャーには効果がありません。

 

《レッドギラゾーン》をSA革命チェンジ元として見なしやすいこのデッキでは、《シリンダ》と《レッドギラゾーン》はコンボの起動役と出力先の関係でありながら、両者をフル採用するだけで革命チェンジの再現性を担保しており、枠を圧縮することに成功しています。

 

《蒼狼の王妃イザナミテラス》×2

f:id:kanikama28:20220224221206p:plain

主に2つ目の効果を使い、自身から直接《シリンダ》になれる進化元として活用します。単色マナ確保のために埋めた《シリンダ》を再利用できる点も優秀です。

2マナ+《シリンダ》よりも1マナ軽い6マナで進化元と《シリンダ》を揃えられる点が非常に強力。イザナミ》自身の効果と《シリンダ》が自身を参照するドローで最低2枚は山札を掘り進められるため、革命チェンジ先にアクセスしやすいです。

 

《奪取》系列→2体目の《奪取》系列or《メイデン》→《イザナミ》+《シリンダ》で4ターン目にワンショット打点を揃える動きもさることながら、仮にゲームを決めきれなくとも、革命チェンジに成功していれば、相手視点では盤面のクリーチャーと手札の《イザナミ》+《シリンダ》セットの両方に対応しなければいけないため、大きく行動を縛ることができます。

 

また、新規に出したクリーチャーから進化するため、このカードの効果で出す《シリンダ》は相手の《シャッフ》の影響を受けず、問題なく革命チェンジ可能です。

 

非常に強力なカードですが、踏み倒し効果が《稲妻テスタ》や《キャンベロ<レッゾ.Star>》などの影響を受けてしまうのは弱点。

このカードに頼らずとも《シリンダ》を召喚できるように、しっかり《奪取》やマナ加速に枠を割いた上で採用するべきです。

 

1番目の効果で除去としても転用できる上に、《ミラダンテⅫ》の圧力があることから進化できずに場に残っても腐りづらいため、今回は空いた枠にサブプランとして2枚採用しました。

 

《生命と大地と轟破の決断》×1

f:id:kanikama28:20220226120606p:plain

革命チェンジを妨害する相手のクリーチャーを攻撃できるようにしたり、マナに置いた《シリンダ》を再利用できる非常に強力なカード。

自然単色マナで《キユリ》や《メイデン》をプレイしやすくなる上に、サブカラーが自然だけで済んでいるので序盤の動きを阻害せず、入れない理由はありません。

注意点としてはマナを減らしすぎる可能性があること。次のターン以降も《シリンダ》を使いまわすことを想定して、マナを減らしすぎないようにしましょう。

 

☆革命チェンジ先

《轟く革命 レッドギラゾーン》×4

f:id:kanikama28:20220226121715p:plain

序盤はマナゾーンで自然マナとして働き、《キユリ》や《メイデン》の召喚に貢献します。革命チェンジ先は《メイデン》や《シリンダ》で後から引くことができるため、マナに埋めても大丈夫です。

また、マナを伸ばせる上に自然マナの供給が行いやすいため、後半は革命チェンジ元として召喚することが現実的になります。自身にスピードアタッカーを付与するテキストなので、《その子供、可憐につき》などを出されていても問題ありません。

f:id:kanikama28:20220227141345p:plain

さらに、《シャッフ》を4枚採用していることから、《シャッフ》を直接フィニッシャーに転用できるこのカードはあればあるほど便利。

フィニッシャーやマナ基盤、革命チェンジ元など役割が多い上に、2枚で革命チェンジを繰り返せることも考えるとなるべく多くの枚数をゲームに絡めたいため最大枚数の4。

 

《時の法皇 ミラダンテⅫ》×1

f:id:kanikama28:20220226121731p:plain

次の自分のターンを安全に迎えられる、《シリンダ》の革命2の弱点を補う優秀なフィニッシャー2号。

革命チェンジ先が両方手札にある場合はワンショットを狙える《レッドギラゾーン》か、安全に盾を攻撃した上で相手ターンをやり過ごせる《ミラダンテⅫ》という風に使い分けが可能です。

万が一革命チェンジできない場合に多色として濁った際は光マナがとても弱いものの、《レッドギラゾーン》を革命チェンジ元に換算しやすいこのデッキは決定力が高いこのカードを出しやすい構築になっているので、1枠を割くには十分な価値があります。

 

また、単体でT・ブレイクできる点も貴重。手札や盤面の状況から、次のターンにダイレクトアタックされることが確定していて、どうしても《レッドギラゾーン》でワンショットしないといけないなどの多少の例外を除き、このカードがあれば真っ先に革命チェンジするべきです。

《レッドギラゾーン》はこのカード以上の打点を作り出せる強力なフィニッシャーですが、革命チェンジ前のG・ストライクやトリガーに弱いという弱点は否めません。もし《シリンダ》が攻撃できなくなってしまっては、《シリンダ》を手札に返すことができず次のターンの動きがなくなります。そこでこのカードの3点で《シリンダ》を手札に戻して後続を確保しつつ、先にそれらのリスクを減らしておくというわけです。

先に使っては詰めに使えない点が気になるかもしれませんが、使い惜しみして追い込まれてしまう方がより苦しい展開になってしまいます。《オニカマス》や《キユリ》などの選ばれないクリーチャーに加えて《シャッフ》と《ツネキン》によるトリガークリーチャー・呪文ケアがあるため、次のターンに残り2枚のシールドをブレイクしてダイレクトアタックするのは容易。安心して革命チェンジしましょう。

 

☆防御札

《終末の時計 ザ・クロック》×4

f:id:kanikama28:20220226121757p:plain

《ツネキン》が高い切り返し性能を持つため、次の自分のターンに《シリンダ》の革命2を発動できない場合にこのカードがS・トリガーしても、十分に巻き返しができると判断して確実にターンを得られるこのカードを選びました。

《シリンダ》を乗せられる上に《レッドギラゾーン》で2回攻撃できてカウンターからワンショットを狙うのに非常に役に立つため、水文明のクリーチャーであることは非常に重要です。

必要な対面には絶対に踏ませたいので4枚。

 

☆有用な採用候補カード

採用しても大きくデッキの動きを損なわない、かつ採用するメリットが特に大きいと感じたカードに絞ってご紹介。

今回は《シリンダ》のドロー枚数を最大化させるために《ネイチャー》以外の自然文明単色を排除し、《ツネキン》や《イザナミテラス》などの小回りが利くカードを優先したために不採用になりましたが、十分に採用に値するカードばかりです。

水文明単色→自然文明単色→多色の順に言及します。

特に自然文明単色のカードは《シリンダ》のドローには寄与しないものの、ゲーム中に使わないと判断した際には自然マナを作るために埋めて《キユリ》や《メイデン》を召喚しやすくなるため、より初動をプレイしやすくしたい方は《シリンダ》のドローのための水文明を削りすぎない範囲で投入するのもよいでしょう。

 

《「敬虔なる警官」》

f:id:kanikama28:20220226122550p:plain

《モモキングダムX》や《カンゴク》、《デスマーチ》などの相手の戦略の中核を担うカードを止めるメタカードとして強力なのは間違いありませんが、ブレイクされなければ召喚されてしまうため、《奪取》の軽減対象である「各ターン最初のクリーチャー」としてカウントされてしまいます。

《ツネキン》や《シャッフ》などの続けて出したいクリーチャーを、通常通りのコストで召喚しなければならない点は非常にデッキと噛み合っていません。軽減があれば多色を置けたはずのタイミングで、単色マナを置く必要も出てきます。

 

さらに、あくまでギャラクシールドのコストが2であるだけで、召喚するコストは4と軽量《シリンダ》の進化元として見なすことはできません。

無理にこのカードをプレイすると、デッキの動きを低下させてしまいかねず、相手を止めるためのこのカードで自分の動きが鈍ってしまっては本末転倒です。

 

メタカードとしてこのカードが必要な高速デッキには、このカードほど完全なロックではなくとも、行動の選択肢を大きく狭めることができる《シャッフ》や《ツネキン》で対抗するという手段を取ることができます。

彼らを出しやすくする上に、万が一攻められてもG・ストライクで延命を行うことができる《Re:マイパッド》の方がより汎用性が高いです。

 

一方で「バウンスを行いながら、一時的にシールドを増やせる2コストカード」としての役割に重きを置くと、十分に採用を検討できるカードと言えます。

4キルルートも健在で、《奪取》→《メイデン》+《「警官」》と繋ぐことができれば、4ターン目のマナチャージこそ必須であるものの、メタクリーチャーを退場させた上で《「警官」》を《シリンダ》に進化させてワンショットを狙うことができます。

万が一勝負を決めきれなくとも、次のターンの再召喚を許さず打点形成を困難にした上でシールド追加によってワンショットを防ぐことができるのが非常に強力です。

 

バウンスとシールド追加がわずか2マナでできるだけでなく、事前に相手のクリーチャーを抑えることにも使用できるカードですが、《奪取》と相性が悪いという弱点は大きな懸念。

このカードを採用する際には、「ギャラクシールド」発動のためのマナの捻出と、《キユリ》の軽減を使えず、クリーチャーを召喚するためには単色を置かなければいけないという問題の両方を解決してくれる《メイデン》は必須級のサポートと言えるでしょう。

 

《サイバー・V・チューブ》

f:id:kanikama28:20220226122617p:plain

3枚ドロー後に1枚捨てる効果で確実にハンドアドバンテージを獲得できる、《シリンダ》に勝るとも劣らないドロー性能を持つコマンドです。

さらにレイン・ボーナス下であれば、自身がディスカードを行った際に相手クリーチャーを1体バウンスするため革命チェンジを通しやすくなります。このカードを出す前のターンには、《キユリ》や《メイデン》、《ツネキン》などの多色クリーチャーを出せていることが多く、除去としても信頼が置けるカードです。

 

《キユリ》→《シャッフ》と繋いだ後の4ターン目に出せれば特に強力で、《レッドギラゾーン》を引き込みつつバウンス効果で横の《シャッフ》から革命チェンジを通しやすくなります。

《レッドギラゾーン》のおかげでスピードアタッカーを得たこのカードはそのターン中にWブレイクできるため、一気にシールドを攻撃することが可能です。

 

一枚で得られるアドバンテージが多く、強力なカードではありますが、レイン・ボーナス下のバウンスは強制であるため、登場時と選ばれた時にハンデスを行う《霊宝 ヒャクメ-4》を使う相手にプレイするかは十分に考える必要があります。

f:id:kanikama28:20220228123051p:plain



《フェアリー・ギフト》

f:id:kanikama28:20220226122639p:plain

最速で《シリンダ》を3ターン目に出して革命チェンジできる上振れムーブはありますが、次のターンには4マナしか使用することができないため、次の動きには繋がらないのが難点。《シリンダ》を召喚することができず、一度動きは止まってしまいます。

上振れを狙う札というより、《シリンダ》や《レッドギラゾーン》などの革命チェンジ元のクリーチャーのコストを下げて革命2による延命やワンショットを狙うことができる札と解釈した方がよいでしょう。

 

《葉鳴妖精ハキリ》

f:id:kanikama28:20220226122656p:plain

攻撃すれば水文明のクリーチャーを召喚できるため、攻撃すればするほど《シリンダ》のドロー枚数を増やすことができます。召喚したばかりの水文明のクリーチャーを《シリンダ》に進化させて召喚酔いを消しつつ革命チェンジを狙う動きも強力です。

また、《レッドギラゾーン》とも相性がよく、再度攻撃する際に革命チェンジで手札に戻った《シャッフ》や《シリンダ》を召喚してアタッカーを増やす動きも見逃せません。

 

《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》

f:id:kanikama28:20220226122711p:plain

《Re:マイパッド》で軽減できないものの、《シリンダ》以外の5マナの動きにもなる優秀なリソース獲得要員の上面と、《地封龍 ギャイア》や《メヂカラ・コバルト・カイザー》などの大型クリーチャーをマナに送りながら《シリンダ》や《シャッフ》などのコマンドを用意できる下面の両方を使える点が優秀です。

f:id:kanikama28:20220228123137p:plain
f:id:kanikama28:20220228123116p:plain

上面を使うことで下面が強力になるため、採用する場合はなるべく複数枚を検討したいところ。

 

《大地門ライフ・ゲート》

f:id:kanikama28:20220226122728p:plain

呪文であるものの、デッキに自然文明単色を確保しつつ「クリーチャーをバトルゾーンに残せるため腐りづらい」という点で非常に強力な一枚。

6コストという手打ちに耐えうるコスト帯から邪魔な中~大型クリーチャーを除去しつつ《シリンダ》を出して攻勢をかけられる上に、防御札としても《クロック》《シャッフ》《ツネキン》に加えて革命2下の《シリンダ》などでカウンターを狙うことができます。

先述の《マクスカルゴ》と違い、踏み倒しはマナに置いたクリーチャーのコストに依存するため、《とこしえの超人》がいる時に使いづらいのは難点です。

f:id:kanikama28:20220228123202p:plain



《眼鏡妖精コモリ》

f:id:kanikama28:20220226121850p:plain

今回はメタクリーチャーを多く積むことを優先したため入っていませんが、3コストマナ加速クリーチャー自体が強力なので、さらに再現性を高めたい方におすすめです。

3マナで召喚した時のバリューこそ《メイデン》に劣りますが、バズレンダの選択肢があるのが非常に強力。

特筆すべきは《奪取》→《ツネキン》or《シャッフ》と動いた次のターンの動きになる点。

メタクリーチャーで時間を稼ぎ、《コモリ》で手札の質を高めてから《シリンダ》+《レッドギラゾーン》のワンショットを狙うことができます。

ちょうど次のターンは《奪取》下で6マナになるため、2コスト+《シリンダ》ができるのも嬉しいところ。

 

《ウマキン☆プロジェクト》

f:id:kanikama28:20220226122002p:plain

今回はサブプランに据えた《イザナミテラス》の枚数を増やす場合におススメしたい一枚です。

一度召喚すればカードを2枚見ることができるため、《シリンダ》と《イザナミ》を揃えやすくなります。自身もアタッカーとして強力で、《イザナミ》の効果で見たカードをマナに置き、《シリンダ》を手札から出していれば6マナに到達してWブレイクを決められる可能性があるのも見逃せません。

後半からはバズレンダを活かして《シリンダ》以上にアドバンテージを稼ぐこともできますが、加えるマナはタップインする点に要注意。《シリンダ》を探し、横のクリーチャーから進化させて革命2や最大打点の増強を狙うプランには少なくないマナを要します。

 

《ボルシャック・サイバーエクス》

f:id:kanikama28:20220227140519p:plain

《レッドギラゾーン》、《ミラダンテⅫ》と相互に革命チェンジを行える「ファイナル革命を消費しない」革命チェンジ先の中で最も有用性が高い一枚です。

除去ができる点が非常に強力で、《シリンダ》を手札に戻しつつ次のターン以降の革命チェンジを阻害するクリーチャーを破壊したり、ディスペクターのEXライフを剥がして安全に相手の盾を減らすことができます。

また、《レッドギラゾーン》がいることから召喚も現実的であり、革命チェンジ元としても強力です。

強いて欠点があるとするなら、単体では決定力に欠ける点と水・火文明の多色が重い点でしょうか。前者はともかくとして、自然文明を作れないため序盤に置きづらいにもかかわらず、マナにタップインするのは序盤のクリーチャー展開を大きく阻害してしまいます。

 

おわりに

ここまでご覧いただきありがとうございました。お楽しみいただけたでしょうか。

この記事の内容が、皆様が水自然型シリンダミラダンテを組む一助となれば幸いです。

 

ご質問や感想は記事下のツイートボタンからのシェアや私のTwitterアカウント(@Rev_KANIKAMA8)への連絡でよろしくお願いします。

また、当ブログの運営の他にも外部への寄稿や、この時勢で収録は滞っているものの、YouTubeへの動画投稿なども行っているので、興味が出た方はそちらもご覧ください。

地雷部-log俺フィーチャー#9キリフダッシュで大冒険、【ラムダビート】を組み上げろ!|地雷部Logデッキ支部|note

かにかまDM研究所 - YouTube

 

重ね重ねになりますが、ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。お相手はかにかまでした。

次回の当ブログの更新としては、シリンダミラダンテ構築実践②と称して【火水光エヴォシリンダミラダンテ】か【準水単シリンダミラダンテ】の記事を予定しています。お楽しみに!

【動画あり】”記憶の紡ぎ 重音”+”大長老 ウェイヨウ”で安全ワンショット!”火光重音ウェイヨウ”【デュエマ】

f:id:kanikama28:20211226004956p:plain

サムネ

メリークリスマス!かにかまです。皆様年末をいかがお過ごしですか?

僕は編集中の動画が間に合わないことを察して急いでこのブログを書いています。

さて、今日の主役はこちら。

f:id:kanikama28:20211225183958p:plain

”記憶の紡ぎ 重音”。キズナプラスで文明を問わずコスト5以下の呪文を唱えられるカードです。

NEO進化クリーチャーとして出さないと召喚酔いをするため前もって進化元を用意する必要はありますが、超次元呪文や”「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」”、”MANGANO-CASTLE!”など詠唱範囲内には打点形成が得意なカードも多く、ワンショットを狙うことができます。

f:id:kanikama28:20211226002540p:plain

f:id:kanikama28:20211226002604p:plain

さらに、このカードは種族にドラゴンを持つことから豊富なサポートを受けられます。

たとえば、”チャラ・ルピア”は2マナで”重音”を召喚可能にしてくれるため、4マナで進化元ごと”重音”を用意することができます。自分のバトルゾーンのクリーチャーを減らさずに打点増加に貢献してくれるのです。

f:id:kanikama28:20211226000954p:plain

加えて、ドラゴン指定の革命チェンジもできますね。

”重音”自身はシールドを一枚しかブレイクできませんが、ドラゴン指定の革命チェンジは2枚以上ブレイクできるものが多いので打点形成力が上がります。

コスト4であるため”時の法皇 ミラダンテⅫ”には革命チェンジできないものの、ワンショットを強く補佐してくれるドラゴンがいます。それが”大長老 ウェイヨウ”。

f:id:kanikama28:20211225194949p:plain

出た時に多色のカードを全てマナゾーンに置き、マナゾーンにカードが置かれた時に自分のクリーチャーを選ばれなくする常在型能力を持ちます。

”重音”はキズナプラスの発動のために進化元を墓地に置くため、先述の”チャラ”など多色から進化すれば墓地に行った進化元をそのままマナに置くことができます。

多色から進化した”重音”の攻撃時にこのカードの革命チェンジ宣言を行うと、”重音”が呪文を詠唱して手札に戻り、”ウェイヨウ”がマナを(最低)1枚増やし、自分のクリーチャー1体を選ばれなくしてWブレイクを決めてきます。

”重音”で唱えた呪文から出てきた強力なクリーチャーを、シールド・トリガーやガード・ストライクから守ることができるのです。選ばれないクリーチャー軍団で一気に勝負を決めてしまいましょう。

さて、ここまでデッキの強い動きを紹介してきましたが、「要求値の多さ」はどうしても気になる所ですね。

ここで多色進化元として優秀なのが”天雷の導士アヴァラルド公”と”U・S・A・NNYAA”。

f:id:kanikama28:20211226001026p:plain

f:id:kanikama28:20211226001038p:plain

どちらも”重音”の多色進化元になりつつ、それぞれ手札補充とルーティングで手札の質を向上させられます。”重音”で唱えられる呪文を加えやすいこの2種は非常に強力な進化元です。

 

上記のシナジーをまとめ上げ、デッキにしたものがこちらになります。

 

[content:]

 

☆デッキレシピ

※一部動画で使用したものと異なります。ご了承ください。

f:id:kanikama28:20211226001143j:plain



☆採用理由

☆主要パーツ~呪文詠唱&革命チェンジ~

記憶の紡ぎ 重音×4

このデッキのコンセプト、当然4枚。

”ウェイヨウ”が手札になく、”重音”本人が盾をブレイクしなければいけなくなっても、”MANGANO-CASTLE!”の出力や”ガイギンガ”のプレッシャー、相手のトリガー運次第でなんとかなります。

注意点がひとつあり、基本的にNEO進化で出す都合上盤面のクリーチャーが増えているわけではありません。”「お前の相手は」”を唱えて”ガイギンガ”を狙う際は進化元とは別にバトルゾーンに”ガイハート”を装備させるクリーチャーを用意する必要があります

そのため、”重音”のみがバトルゾーンにいる時に攻め込むのはおススメできません。”チャラ”を絡めて3ターン目に出すより、しっかり手札と盤面を整えて4ターン目に出しましょう。(備考:自分が先攻3ターン目で、相手が後攻3ターン目に”可憐につき”でタップインさせてきそうな時に先に召喚しておくなどの例外はあり)

滅多にありませんが、2体並べば「キズナプラス」で1体の攻撃時に効果を2回発動可能です。”チャラ”が絡んだ時のために覚えておきましょう。


大長老 ウェイヨウ×3

キズナプラスや”U・S・A・NNYAA”で墓地に置いた多色呪文を利用し、自分のクリーチャーを選ばれなくします。”「お前の相手は」”の効果で”ガイハート”をつけたクリーチャーや”MANGANO-CASTLE!”で出たGRクリーチャーを選択し、次の攻撃を安全に通す手伝いを行いながら自身はWブレイクを行えるのが非常に強力です。

基本的に”重音”を引いた上で使うカードであり、かつ火文明を持たない多色なので手札でダブるのを防ぐために3枚に抑えています。

 

魔軸の鎖 カメカメン×4

f:id:kanikama28:20211226001223p:plain

2ターン目にクリーチャーを召喚しておけばこのカードと”「お前の相手は」”で3ターン目に”ガイギンガ”を建てることができるのが非常に強力であると判断したため4枚フルに採用しました。

呪文を唱えない時はドロー効果があるものの、生き残っていてほしい”チャラ”スタートの時はあまり3ターン目に使いたいカードではありません。他の2コストや”アヴァラルド”のプレイを優先しましょう。

また、”重音”と共にバトルゾーンにいる状況下で、このカードの詠唱先の呪文がない時のプレイングも難しいところです。

打点形成力が高く、何としてでも唱えたい二大巨頭の”「お前の相手は」”と”MANGANO-CASTLE!”は共に4コストであるため”カメカメン”でも唱えられるのがポイントになります。

”ジャミング・チャフ”などの5コスト呪文によってアドバンテージを獲得できる場合は先にドロー効果がある”重音”を処理して”カメカメン”のためのドローに使えますし、逆に”重音”でも唱えられる呪文がない場合は先に”カメカメン”でドローを行い、次に”重音”を処理することで呪文を唱える前に2回のドローを挟む…といった風に柔軟にプレイを分岐させましょう。

 

☆”重音”の詠唱先

爆龍覇 リンクウッド/「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」 ×4

メインで使うのは下面。”ガイハート”をつけて強力アタッカー”ガイギンガ”を呼び出すのが基本プランですが、”ガイアール”や”パーフェクト”といった状況に応じたカードを使えるのもこのカードの魅力。注意点として、ターン中2回目の攻撃時に唱えても”ガイハート”は龍解させられないので注意しましょう!

上面で出してもデッキトップが自身や”重音”、”ウェイヨウ”であれば手札に加わるため腐りません。

 

MANGANO-CASTLE!×4

最低でも相手の盾を2枚削ることができる強力呪文。

本構築では単体でWブレイカーのクリーチャーとこのカードを再詠唱できる”ダンダルダ”のための4コストジョーカーズを採用しています。

十分な用意ができていない3マナ時に”カメカメン”で唱えても”グッドルッキン”はマナドライブ条件を達成していませんし、4ターン目に抱えておきたいカードがあるにもかかわらず”ドーピードープ”が出るなど不十分な出力に終わりがちです。なるべく”重音”が出る4ターン目など、一気にとどめを刺せるような時に使うのがベター。

 

超次元ムシャ・ホール×2

f:id:kanikama28:20211226001420p:plain

打点形成をデッキ外部に依存するこのデッキは、”とこしえの超人”などのメタクリーチャーを苦手としています。”重音”から”アルカディア・エッグ”を撃てば”とこしえ”は破壊できますが、お世辞にも強い動きではありません。

そこでメタカードの除去に加えて、”勝利のガイアール・カイザー”を出してスピードアタッカーの供給を行えるこのカードを採用しました。”重音”から唱えつつ”ウェイヨウ”の革命チェンジを宣言した時は、”ウェイヨウ”の着地を妨げる”ミクセル”や”赤い稲妻 テスタ・ロッサ”を除去してWブレイクを決めることもできます。

火文明単色であるため序盤の”U・S・A・NNYAA”プレイに貢献することもできる上に、”勝利のガイアール”が”ウェイヨウ”に革命チェンジできるのも〇。

5コストと”カメカメン”で唱えられず、手撃ちするには重いカードであるため2枚の採用に抑えています。

 

生命と大地と轟破の決断×1(殿堂入り)

f:id:kanikama28:20211226001514p:plain

マナから進化元ごと”重音”をバトルゾーンに呼び出すことができる上に、”重音”から唱えられるので勿論採用。”ウェイヨウ”採用で自然マナを作ることができたため、最悪手札から撃つこともできます。

 

☆”重音”の進化元

奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ×4

f:id:kanikama28:20211226001549p:plain

”重音”が出るまでの時間稼ぎとして使用します。このデッキだと”ウェイヨウ”で場持ちをよくすることも可能です。
”重音”から”チャフ”を唱えることもできるため、一気にワンショットを狙う際は”「お前の相手は」”や”MANGANO-CASTLE!”を使い、呪文が危険な時はこのカード…というように使い分けができるのもいいですね。

”アヴァラルド公”で手札に加わる単色である点も〇。

 

チャラ・ルピア×4

類似カードとして”アヴァラルド”などのコストも減らせる”爆衆聖者 トップアイト”がありますが、他のクリーチャーには効果が及ばないものの”重音”を2コストで出せるこのカードを優先しています。

これは同一ターンに「多色の2マナ進化元+”重音”」という順番で展開したい時に、”トップアイト”では要求するマナの数が格段に増えてしまうのが理由となります。

”トップアイト”は「多色の2マナ進化元」で「1体目」が消費されてしまうため2コストで召喚した上で”重音”に4コストを要するため合計6マナを要します。一方、”チャラ”は常に”重音”のコストを2に下げるため、多色進化元を2コストで出した時も問題なく2マナで”重音”を重ねられます。

主な使い方は2ターン目に出して2ターン生き残ってもらうことに期待するか、4ターン目にこのカード+”重音”と繋いで”重音”を4マナSAとして扱うかになります。

3ターン目に出すパターンは”アヴァラルド”による手札補充が狙えない時や、4ターン目に”U・S・A・NNYAA”+”重音”を狙えることが明らかな時です。

このカードのサポートに対応する強力なカードは”重音”だけなので使わない時の見極めが肝心です。4ターンキルを狙うなら、3ターン目までに使用するか否かの判断を行うのがいいでしょう。

 

U・S・A・NNYAA×4

2ターン目、3ターン目のどちらで出しても一定の活躍が見込めるカードです。

2ターン目にルーターとして”アヴァラルド”に繋ぐもよし、3ターン目に多色をマナや墓地に逃がしつつ”重音”を探すもよしです。墓地に置いた多色も”ウェイヨウ”でマナに置けるので無駄がありませんね。

 

天雷の導士アヴァラルド公/魔弾アルカディア・エッグ×4

上面は最大3枚の手札補充を狙える進化元。”「お前の相手は」”や”MANGANO-CASTLE!”といった詠唱先を拾いやすい1枚になっています。手札の要求値が高いデッキなので、マナに置ける単色カードを手札に加えやすいのも大きなポイントです。

下面は最低限の受け札になります。トリガーで唱えていれば”ウェイヨウ”でマナにおKるカードが増えるのもおいしいですね。

このカードはアドバンテージ獲得に長ける一方で、動きの中核となる”重音”をデッキボトムに送ってしまう上に、2→3でプレイする際は3ターン目までで2回単色をマナに置かなければいけません。上記の”U・S・A・NNYAA”にはないデメリットになります。

3ターン目に両方が揃っている場合は。手札と公開領域を見渡し、必要なカードに応じてプレイを変えましょう。

”重音”が既に手札にある場合はマナに置くための単色+詠唱先の呪文をセットで手札に加えやすい”アヴァラルド”、”重音”がない場合や多色詰まりが起きている際には多色を埋めながら”重音”を引き込める”U・S・A・NNYAA”をプレイしましょう。

 

「火球の祈り手」&「伝承の語り部」×2

f:id:kanikama28:20211226001635p:plain

気持ち程度の受け札兼カウンター用。基本的には進化元ごと”重音”を踏み倒すのが狙いです。”アヴァラルド”で手札に加わるわけではないので手札要求も激しく、あくまで空いた2枠に「ワンチャンを狙えるカード」として採用した形になります。

 

☆超次元ゾーン

※動画のものとは一部異なります。また、このデッキにおいて使用する可能性がある面のみの記載になります。ご了承ください。

銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ×2

f:id:kanikama28:20211226001659p:plain

f:id:kanikama28:20211226001716p:plain

”ガイギンガ”が選ばれないフィニッシャーとして非常に強力です。その龍解に必要な”ガイハート”をつけたクリーチャーを”ウェイヨウ”で守れるため、一度”ガイギンガ”が龍解すればそのままゲームエンド一直線です。

1体”ガイギンガ”が出ても凌がれた際に”「お前の相手は」”でスピードアタッカーを作れるカードとして使いたい盤面を想定し、2枚採用しています。

 

将龍剣 ガイアール/猛烈将龍 ガイバーン×1

f:id:kanikama28:20211226001745p:plain

 

”「お前の相手は」”からバトルを飛ばせます。このデッキのクリーチャーがお世辞にもパワーが高いとは言えませんが、小型クリーチャー程度であれば処理できるものもあるはずです。必要になった時に使えるという超次元の特性を活用しましょう。

 

銀河剣 プロトハート/星龍解 ガイギンガ・ソウル×1

全体タップ系トリガーのケアに使えればと思い採用しています。

 

不滅槍 パーフェクト/天命王 エバーラスト×1

”熱血の物語”に対する耐性が欲しかったのでこれ。”プロト・ギガハート”の方がベター…?

 

灼熱のリュウセイ・ボルケーノ×1

f:id:kanikama28:20211226002713p:plain

除去が得意なデッキではないので、相手依存ではあるものの詰む盤面を減らせればよいと考えて採用しています。Wブレイカーではないので注意。

 

勝利のガイアール・カイザー×1

f:id:kanikama28:20211226002732p:plain

”ムシャ・ホール”からバトルゾーンに出せるスピードアタッカーです。これがあるから”ムシャ・ホール”を採用していますね。

 

時空の司令官 コンボイ・トレーラー×1

f:id:kanikama28:20211226002750p:plain

”ムシャ・ホール”から出せるブロッカー。慎重にゲームメイクをしていく際には必要かなと考え1枠。

 

☆超GRゾーン

ドドド・ドーピードープ

f:id:kanikama28:20211226002158p:plain

手札は減るものの、Wブレイクとパワーラインの高さが魅力的。ただし、盤面が整っていない時に出てくると後続分のリソースを切らすか無駄撃ちの嫌なニ択になってしまうので、これが捲れてもよいようなゲームプランを取りましょう。

 

グッドルッキン・ブラボー

f:id:kanikama28:20211226002215p:plain

スパークケアができるアタッカー。マナドライブ4を満たしていない時に出てきても困るので、やはり4コスト貯めてから”MANGANO-CASTLE!”を撃つことを推奨しています。

 

ド級 ダテンクウェールB

f:id:kanikama28:20211226002246p:plain

”ダンダルダ”で手札に戻すこともできるWブレイカーで、ガツガツ殴るこのデッキでは強制攻撃のデメリットも控えめ。なるべくこれが捲れてほしい。

 

超Ω級 ダルタニックB

f:id:kanikama28:20211226002304p:plain

”ダンダルダ”の邪魔をしないアタッカーであり、”アヴァラルド”で手札が潤っていればWブレイカーにもなる可能性も秘めているので採用しました。

 

全能ゼンノー

f:id:kanikama28:20211226002340p:plain

”ダンダルダ”を阻害しないコストである上に、相手の”クロック”がトリガーした時に、”クロック”の裏目を残せるのも強力だと思い採用しています。

 

無限合体ダンダルダBB

f:id:kanikama28:20211226002356p:plain

”MANGANO-CASTLE!”連打機。GRの中でも特に爆発力が高いので、このカードに寄せる価値は十分にあるはず。

 

☆デッキの回し方をおさらい!

まずはダイレクトアタックを決めやすいように2ターン目、3ターン目とクリーチャーを並べていきましょう。その中で手札補充やルーティングを行い、”重音”を出す準備を整えます。

f:id:kanikama28:20211226001038p:plain

f:id:kanikama28:20211226001026p:plain

重音”の攻撃に成功したら一気にワンショットを狙いましょう!

f:id:kanikama28:20211225183958p:plain

2回の攻撃で強力フィニッシャー”ガイギンガ”を建てられる”「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」”やGRクリーチャーで攻め込める”MANGANO-CASTLE!”で打点を増やします。

f:id:kanikama28:20211226002604p:plain

f:id:kanikama28:20211226002540p:plain


さらに”重音”の攻撃時に”大長老 ウェイヨウ”を革命チェンジできれば”ガイハート”をつけたクリーチャーやGRクリーチャーを受け札の脅威から防御可能!

f:id:kanikama28:20211225194949p:plain

攻撃を安全に通し、そのままダイレクトアタックを決めましょう。

 

☆おわりに

ご覧いただきありがとうございました。

呪文と革命チェンジで一気にワンショットを決める面白いデッキになっております。
多色化した”アヴァラルド公”の使い方はかなりおしゃれに仕上がっており、面白い動きを見せることができたかと思います。

私が管理人を務めるチャンネル「かにかまDM研究所」ではこのデッキを使用した対戦動画も公開されておりますので、是非ご覧ください。

【デュエマ】デュエキングの”アヴァラルド公”で強化された”重音”で強力呪文を撃つ2周年記念動画【対戦動画】 - YouTube
チャンネル登録やコメントを頂けると励みになります。

それでは、あらためましてありがとうございました!よいお年を!

 

☆その他”重音”と相性がよいカードについて(12/25時点未完成部分。後日追記予定)

ナゾの光・リリアン

 

T・T・T

 

禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ

 

エヴォ・ルピア

 

ジャスティス・フォース

 

ラッシュ”ATK”ワイルド

 

音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」

【ガチまとめ】トリガー12枚にGS8枚!!『ラムダビート』で #格安デュエマ研究所 にチャレンジ!【デュエマ】

f:id:kanikama28:20211102214534p:plain

サムネ用

かにかまです。このブログではお久しぶりですね。
この記事はカード通販サイトとしておなじみ「カーナベル」のウェブメディア「ガチまとめ」さんの企画「格安デュエマ研究所」に感銘を受け、「ガチまとめ」さんのメンバーではないもののこの企画にチャレンジしてみようという記事です。この企画を通してすごいと思った点がありますが、それは記事の後半で。

とにもかくにも、デュエマ専門YouTubeチャンネル「かにかまDM研究所」の運営としては心が躍り腕が鳴るような企画です。早速やっていきましょう。この記事が8割くらい完成した時にガチまとめさんで本家が投稿されてて思わず笑っちゃいました。

かにかまDM研究所 - YouTube

(↑私が運営しているYouTubeチャンネルです。チャンネル登録されると喜びます)

 

☆はじめに:「格安デュエマ研究所」とは?

格安デュエマ研究所。通販サイトとしておなじみカーナベルさんのウェブメディア「ガチまとめ」で行われている企画で、クロニクルデッキ以下の値段である5000円以内で楽しくて強いデッキを作ろうというものです。

「高額デッキの代用品」ではなく、独自性のあるデッキを作り上げるのがミッションです。

(シングル価格はカーナベル通販において最も安いバージョンの状態A(最高品質)相当で計算)(※当記事で参照するのは執筆した2021/11/02時点の値段です。今後変動する可能性があるのでご了承ください。)

 

☆電磁と引きあう紅き英雄の力

今回主役にピックしたカードはこのカード。

f:id:kanikama28:20211102212907p:plain

《超電磁コスモ・セブΛ(ラムダ)》(以下《ラムダ》)。進化条件は「火文明か自然文明」という緩めのものでありながら、5コストにして7000という(当時基準)高めのパワーに加えて攻撃時に3枚ドローという継戦能力の高さで人気を博したカードです。10年前(!?)のカードではあるもののファンも多く、今でも時々DeckMakerに新規レシピが登録されているのを見かけます。

そんな《ラムダ》がなんと現在のカーナベル価格では…

f:id:kanikama28:20211102220955p:plain

!?

50円!!??

時代を感じますね…。本当に強かったんですよこのカードを主役にしたデッキ。『ラムダビート』と呼ばれていました。このカードが属する水文明に加え、早く出すための自然文明と高スペックアタッカーを擁する火文明の3文明で組まれることが多かったですね。

《シビレアシダケ》や《大冒犬ヤッタルワン》、《幻緑の双月》でマナ加速→《進化の化身》や《躍動するジオ・ホーン》で《ラムダ》をサーチ→《ラムダ》を召喚して攻撃して3枚ドロー、続く5ターン目には《大神秘 イダ》や《超次元 シューティング・ホール》+《ガイアール・カイザー》(通称「シューティングガイアール」)で一気に攻め込む動きが今でも忘れません。

f:id:kanikama28:20211102224105j:plain

19年後にムキムキになる

f:id:kanikama28:20211102224009j:plain

《ラムダ》をサーチしてくれる人

f:id:kanikama28:20211102224245j:plain

淡泊スペックながら強力

矢継ぎ早にクリーチャーがバトルゾーンに送られてくるのが強力なこのデッキですが、5ターン目は特に重要。順当に動けばマナチャージして6マナ使える上に、《ラムダ》で得た潤沢な手札から超強力なアタッカーが出てくるターンです。

そう、『ラムダビート』の強みは瞬間的なドロー能力だけでなく《ラムダ》の次のターンに出てくるクリーチャーにもあります。前もってマナ加速を挟んで4ターン目に《ラムダ》を召喚すると、5ターン目に使えるマナは6。6マナで出せる強力なフィニッシャーといえば…

f:id:kanikama28:20211102214629p:plain

《勝熱英雄 モモキング》!

攻撃でシールドをブレイクすれば6コストで出せる2回攻撃のトリプルブレイカーという非常に決定力が高いクリーチャーです。おまけのように多色ではないクリーチャーや呪文では選ばれないため、一度着地に成功すれば攻撃を止めるのは困難。

このカードが出る頃には《ラムダ》で攻撃して相手のシールドは3枚以下になっていることが多いので、一回目の攻撃で残りのシールドをブレイクして二回目の攻撃で勝てちゃいます。つよーい。

さて、そんな《モモキング》のお値段は370円

f:id:kanikama28:20211102222622p:plain

《ラムダ》の約8倍と5000円縛りではとんでもない高額カードに見えますが、このデッキにはこのカードが4枚採用されています。

だからといって残りのカードのスペックが低いのかというと決してそうではなく、タイトル通り防御カードもしっかり入ったレシピとなります。《終末の時計 ザ・クロック》や《ドンドン吸い込むナウ》など、一線級で使われたカードも目白押し。格安だからと侮るなかれ。

f:id:kanikama28:20211102215059j:plain

度重なる再録。ありがたい

f:id:kanikama28:20211102215204j:plain

ネタバレ:デュエマ長くやってた人は多分安すぎてビビる

一世を風靡した《ラムダ》を「安く・楽しく・強く」使えるようにしたのがこのデッキです!

 

☆デッキ構築

※カード名は価格順、()内は4枚合計金額

f:id:kanikama28:20211102230035j:plain



f:id:kanikama28:20211102214852p:plain


水文明16枚(内4枚多色) 火文明16枚(内8枚多色) 自然文明20枚(内12枚多色)
合計 3960円

 

水文明、火文明、自然文明をバランスよく採用することができましたね。

動きの要となる2コストをしっかり12枚採用して動きやすい上に、シールド・トリガー12枚にガード・ストライク8枚で防御もバッチリ!

デッキ構築費は3960円(備考:《ラムダ》はランクAの在庫が3枚しかありませんでした)。余裕を持って構築できましたね。5000円をフルに使い切るのなら、一緒にスリーブも買うことができます。この40枚をカートに入れて注文すれば、週末にそのまま遊べちゃいますね!!!

《勝熱英雄 モモキング》と《終末の時計 ザ・クロック》の合計が2400円とこのデッキの7割を占めているので、この2種類を既に持っている人はグッと安く組めるはずです。

f:id:kanikama28:20211102215059j:plain

f:id:kanikama28:20211102214629p:plain

それでは、採用カード解説に移りましょう。

 

☆個別カード解説~メインアタッカー~

《超電磁コスモ・セブΛ》

f:id:kanikama28:20211102220955p:plain

今回の主役。攻撃しながら3ドローは使ってみるとクセになります。

攻撃しつつ3ドローの強さはお分かりいただけると思いますが、ただ単にドローするだけなら別のカードではいいのでは?という意見に対して《ラムダ》を選ぶ理由をご説明しましょう。

水文明の進化クリーチャーでありながら、進化条件は「火か自然のクリーチャー」という所が最大のポイント。同じくドロー効果を持つ進化クリーチャーである《マニフェスト<マルコ.Star>》や《電磁艦 シンぺラー・マルコ》、《革命龍程式 シリンダ》といった水文明を進化元にするクリーチャーに対して構築段階で差別化しました。

 

f:id:kanikama28:20211102224448j:plain

《ラムダ》の一つ前の偉大な先輩の現在の姿


それ単体ではリソースが伸びない《Re:奪取 マイパッド》などの「軽減」水文明クリーチャーの代わりに、《幻緑》や《ヤッタルワン GS》といった直接マナを伸ばすクリーチャーを積極的に採用できるのがこのカードの優位性となります。

f:id:kanikama28:20211102215507p:plain

『シリンダミラダンテ』に入ったり入らなかったり

先ほど《ラムダ》を出した次のターンは6マナを使用できると書きましたが、その次のターンは2マナ《幻緑》でアンタップインのマナを追加すれば余った5マナで2体目の《ラムダ》を召喚することができます。マナを増やしつつ攻め手を増やしていくのは勝利への王道ルートです。

 

《勝熱英雄 モモキング》

f:id:kanikama28:20211102222622p:plain

「キリフダッシュ」というシールドトリガーの効果の後にバトルゾーンに出る点、非多色クリーチャーと呪文に選ばれない点、《スーパー・スパーク》などのタップカードに強い点などどこを取っても非常に攻撃を決めやすい優秀なアタッカー。

f:id:kanikama28:20211102224656j:plain

エモさと実用性の神バランス

火文明と自然文明を両方持っているのでマナとしても強いのもGood。

手札消費は厳しいですが、後述の「初動枠」を2体出してマナを2マナ追加したり軽減を有効に使えば、4ターン目に「キリフダッシュ」を狙うことも可能ですね。

 

《炎機混成 ボルスレン・バスター》

f:id:kanikama28:20211102221249p:plain

6コストであるにもかかわらず、「EXライフ」と「ガード・ストライク」という王来篇の新能力二つに加え、「スピードアタッカー」と「ダブル・ブレイカー」と4つもの能力を持つ驚異のアタッカー。再録も多く、レアではあるものの50円です。すごい時代だ…。

「EXライフ」で一発分の除去は耐えられるためダイレクトアタック要員としての信頼度も高いカードであり、《ラムダ》の次のターンに出すアタッカーとして申し分ない性能です。

 

☆個別カード解説~初動と《ラムダ》の進化元たち~

《大冒犬ヤッタルワン GS》

f:id:kanikama28:20211102221354p:plain

出た時に手札を一枚マナゾーンに置けます。

手札消費こそ激しいものの、自分の好きなカードをマナゾーンに置けるため、足りていない文明を補ったり手札の単色カードを置いてそのまま《ラムダ》に進化してさらにドローすることができます。弱点の手札消費も《ラムダ》が着地に成功すれば気にならないですよ。

全く同じ効果を持つのが《シビレアシダケ》と《幻緑の双月》。彼らをまとめて「ラムダビート初動三銃士」と呼びます(今勝手に名付けた)。

「三銃士」の内、《幻緑の双月》と《シビレアシダケ》はツインパクト化で強化されました。《ヤッタルワン》は一番遅れてやってきたものの「ガード・ストライク」で防御札を兼ねる初動となって帰ってきました。

f:id:kanikama28:20211102230218p:plain

三銃士の内初出は2番目、三銃士で強化は一番乗り

f:id:kanikama28:20211102230337p:plain

三銃士で初出は一番乗り、強化は2番目

f:id:kanikama28:20211102230408p:plain

三銃士で初出も強化も一番後

強化された3種をそれぞれ見比べてみると、相手の攻撃を止められる「ガード・ストライク」を持つこのカードが一番使用頻度が高くなりそうなので最優先で搭載。


《幻緑の双月/母なる星域》

f:id:kanikama28:20211102221507p:plain

「初動三銃士」のビーストフォーク担当。三銃士の中で一番早く強化されて帰ってきました。

ちなみにモデルはフェレットらしいですよ。(気になった人はPixivで検索してみよう!)

バトルゾーンでの働きは《ヤッタルワン GS》と同じため省略。

《母なる星域》の使用頻度は高くありませんが、このカードがあることでプレイの幅が広がると感じたため、類似カードよりはこちらを4枚フル投入。

使用例はアンタップしないクリーチャーをマナゾーンに下げて3マナで《ラムダ》を出したり、《奇天烈 シャッフ》の効果を受けて攻撃できなくなったクリーチャーをマナゾーンに下げて召喚したばかりのクリーチャーを《ラムダ》に進化させて攻撃したりといったところ。覚えておきましょう。

f:id:kanikama28:20211102220550p:plain

 

《珊瑚妖精キユリ》

f:id:kanikama28:20211102221715p:plain

かわいい。

自分のターンの最初のクリーチャーの召喚コストを下げつつ選ばれなくてアタッカーとしても強力だなんてそんな…きっとさぞかし高いことでしょうね…

30円!!!???

というわけでこのデッキで一番安いカードになります。4000円切りできたのでこのカードに救われましたね。

マナゾーンでは《ラムダ》のための水文明を確保し、バトルゾーンではクリーチャーの召喚コストを下げつつ選ばれない場持ちの良さからアタッカーとして活躍します。

《ラムダ》に進化すると軽減が使えないので、なるべく横の《双月》や《ヤッタルワンGS》から進化させましょう。

 

《U・S・A BRELLA》

f:id:kanikama28:20211102221910p:plain

2020年に出たメタカードの1枚。

相手が手札以外から4コスト以下のクリーチャーをバトルゾーンに出すことを許しません。4コスト以下が大半を占めるGRクリーチャーには特に刺さる一枚です。

詳細判明時にネットがざわついてた記憶がありますが、今では彼も55円。結構えげつないこと書いてるはずのこのカードが霞んで見えるくらいの《とこしえの超人》って何者…?

f:id:kanikama28:20211102220516p:plain

メタ範囲がえげつない

メタカードとしての性能こそ《とこしえ》に劣りますが、アタッカーとしての性能と文明を加味するとこのデッキで優先されるのは《U・S・A BRELLA》の方になります。

このカードは問題なくシールドを攻撃できる上に、4コスト以下の呪文では選ばれないので《ドンドン吸い込むナウ》などには耐性があります。最後のアタッカーとして使いやすいのです。

そして火文明を持っているのが強力。《モモキング》や《ボルスレン・バスター》といったクリーチャーを呼び出すための単色マナになるのです。《ラムダ》着地まで火文明のマナが作れていなくても安心ですね。

 

☆個別カード解説~シールド・トリガー~

《終末の時計 ザ・クロック》

f:id:kanikama28:20211102222705p:plain

皆さんご存じ、召喚すればそのターンを強制終了させるシールドトリガーです。水文明ビートダウンでは王道の一枚ですね。

《ラムダ》の進化元にもならず、「ガード・ストライク」による攻撃ストップを加味すると他のトリガーでよいのでは?という意見もあるかもしれませんが、やっぱり外せないんですよね。

このデッキでは12枚のシールド・トリガーが採用されているため最初の攻撃でこのカードが出れば残ったシールドで次の攻撃を耐えられる確率も上がりますし、同時ブレイクで他の「シールド・トリガー」と合わせて使っても嬉しい一枚。

《ドンドン吸い込むナウ》と合わさればこのカードで安全を確保しつつ、次の自分のターンの攻撃を妨害するブロッカーを手札に戻す余力を作ったりという動きも可能になります。

そのターン中の効果が問答無用でストップするのが強力ですね。《蒼き守護神 ドギラゴン閃》がアンタップして攻撃を止めることもありませんし、最近流行りの《禁断竜王 Vol-Val-8》もターンの終わりが飛ばされてしまっては追加ターンを取れないですからね。やっぱりこのカード強いんですよ。

f:id:kanikama28:20211102215745p:plain

起きられない

f:id:kanikama28:20211102215648p:plain

ターンが取れない

 

「色々楽なプレイングができる」というのがこのカードの真髄です。

 

《ドンドン吸い込むナウ》

f:id:kanikama28:20211102222727p:plain

4コストの水文明シールド・トリガー呪文で、山札の上5枚から好きなカードを回収できます。それが自然文明か火文明であればクリーチャーを一体手札に戻せます。

このデッキだと《ボルスレン・バスター》や《モモキング》といったアタッカーを手札に加えつつ邪魔なクリーチャーを手札に戻すことができますね。一枚の仕事量が多い…。

『ラムダビート』といえばこのカードを思い浮かべる方も多いと思います。このカードも火文明か自然文明があれば強力になるカードの一枚で、すんなりと《ラムダ》と同じデッキに入れられますからね。

今では水文明単色を見込まれて『シータ閃』にも入れられることがあるこのカードですが、お値段は50円です。50円です(再確認)。すごいな…。

1000円時代がありましたからね。驚いちゃった(何回驚いてるんだろう)。

 

《へットルとフエートル》

f:id:kanikama28:20211102222802p:plain

最後にして見慣れないカードが出たかもしれませんが、なかなかやりおるやつですよ。

4コストのシールド・トリガーで出た時に1マナ加速かブロッカーを破壊できます。

1マナ加速もベタに強力で、《モモキング》などの重量級クリーチャーの召喚を手助けしてくれますが、本領はブロッカー破壊。

ブロッカーといえば《蒼き守護神 ドギラゴン閃》や《砕慄接続 グレイトフル・ベン》といった強力なクリーチャー以外にも《「正義星帝」<鬼羅.Star>》の効果でブロッカーを付与された《奇天烈 シャッフ》や《その子供、可憐につき》などにも刺さります。

f:id:kanikama28:20211102223320j:plain

フレーバーが格好良すぎる



☆デッキの使い方をおさらい!

特に難しいことはありません、クリーチャーをガンガン並べて攻撃しましょう!

まずは《大冒犬 ヤッタルワン GS》や《幻緑の双月/母なる星域》でマナを増やし、《超電磁コスモ・セブΛ》の召喚と攻撃を目指します。

f:id:kanikama28:20211102224912p:plain

f:id:kanikama28:20211102224940p:plain

《ラムダ》で手札を増やしたら、次のターンは一気に攻め込みましょう!

バトルゾーンにクリーチャーが残っていて、ブロッカーもいなければ「キリフダッシュ」で《モモキング》を召喚できますし、《モモキング》がなくとも《ヤッタルワン》や《双月》で単色のカードを埋めてそのまま《ラムダ》に進化してさらにドローしてダブルブレイクと動いても強力です。一気にシールドをブレイクしてしまいましょう!

f:id:kanikama28:20211102225034p:plain

先に攻撃されても20枚の防御札があなたを守ってくれます。守りはシールドに任せ、相手のシールドを叩き斬ってとどめまで向かいましょう。

f:id:kanikama28:20211102215059j:plain



☆改造案

今回は初動をたっぷり12本に防御札20枚という安定性を意識した構築にしてみましたが、もっとパワーを意識するならおすすめなのは以下のカード!

 

①推参、キリフダッシュ!《熊四駆 ベアシガラ》&《バークアステカA》!

まずは《ラムダ》で増えた手札を活かしやすい「キリフダッシュ」のカード。このデッキと相性が多いカードがとても多いので、ここでは突出した2枚を紹介しましょう。

《熊四駆 ベアシガラ》は《ヤッタルワン GS》や《双月》、《キユリ》から3ターン目に出せるクリーチャーとしては破格の強さ。

f:id:kanikama28:20211102222838p:plain

《ラムダ》や《ボルスレン・バスター》、《モモキング》を出すためのマナを用意しながら次のターンのアタッカーにもなってくれます。

マナ回収が出来るのも魅力で、上で述べたメインアタッカーが手札になければ回収することも出来ます。こんなに強くて75円。すごすぎる。

《バークアステカA》も強力なカード。少しテキストが難解なので、ざっくりと説明。

f:id:kanikama28:20211102222905p:plain

自分がシールドを1枚ブレイクしたら6マナで「キリフダッシュ」できて、2枚以上ブレイクしていたら2マナで「キリフダッシュ」できます。さらに、出た時に合計パワー7000以下になるように相手のクリーチャーを破壊するかマナゾーンに置くことができます。

ブレイク数こそ《モモキング》に劣るものの、わずか2マナで出すことができる除去付きアタッカーですからね。

相手のシールド・トリガークリーチャーを後出しで破壊しつつ相手の盾を2枚攻撃できます。シールド・トリガーで出てきた《閃光の守護者ホーリー》や《切札勝太&カツキング~熱血の物語~》による反撃を許しません。

f:id:kanikama28:20211102220016p:plain

このデッキ2個分くらい

 

②三コスの虫には五千分の魂!《Disノメノン》!

f:id:kanikama28:20211102222929p:plain

水+火+自然といえばおなじみのこのカード。

もともとコストが低いカードが多く、「召喚」ではないコスト踏み倒しも行わないので「マッハファイター」を活かしたメタカード処理というよりは純粋にスペックが高いカードとしての採用になります。

相手のクリーチャーをバトルで破壊した後に手札かマナを増やすだけではなく、「ジャストダイバー」のおかげで生き残りやすく、次のターンに《ラムダ》に進化したり《モモキング》のキリフダッシュ起爆剤として使いやすい1枚です。

マナに置けば全ての文明が確保できますし、3マナなので《ラムダ》を出した次のターンに2体召喚してダイレクトアタックを狙うこともできますね。強いなぁ…。

 

③復活、シューティングガイアール!《ガイアール・カイザー GS》!

f:id:kanikama28:20211102223005p:plain

王来篇で往年の名ムーブが一枚で完結するようになりました。ブロッカーを破壊しつつスピードアタッカーのダブルブレイクを決めてしまいましょう。

さらっとパワーも7000あるし、「ガード・ストライク」で防御札にもなれます。

このカードと競合するのは《ボルスレン・バスター》でしょうか。どちらも一長一短のカードです。

《ガイアール・カイザー GS》はコストが1低いので召喚しやすくはありますが、「EXライフ」がないので《ドンドン火噴くナウ》一発でバトルゾーンを離れてしまいます。あと《地封龍 ギャイア》がいるとそもそもバトルゾーンに出なかったり。

f:id:kanikama28:20211102225115j:plain

対して《ボルスレン・バスター》はコスト6と少し重いものの、「EXライフ」で防御を固めたり、耐性つきアタッカーとしての運用も行うことができます。全く何もできないということは少ないカードです。

 

☆おわりに

ここまでご覧いただきありがとうございます。お楽しみいただけたでしょうか?

2011年末に颯爽と現れ、人気を博した『ラムダビート』をお楽しみいただけます。《ドンドン吸い込むナウ》や《大冒犬ヤッタルワン GS》などを使うと懐かしい気分に浸れること間違いなしです。

他のデッキに流用できるカードも多いので、是非一度組んでみてください。通販のお求めはこちらから!

デュエルマスターズ通販ならカーナベル (ka-nabell.com)
面白かったら、是非この記事のリンクをツイートしてくださいね。感想もお待ちしております。ツイートされたら筆者(@Rev_KANIKAMA8)がお礼や返信をするかもしれません。

お相手はかにかまでした。またインターネットのどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

 

☆さいごの おわりに(企画を通してみて)

この企画を実際に行ってみて「すごい」と思ったのが、「カーナベルさん一つで完結している」という点。

「格安デュエマ研究所」は記事を見た後に記事に直にリンクが貼られているカーナベルさんでカードをカートに入れて注文するだけでいいんですよ。一円でも安くするためにカードショップを駆け巡ったり、フリマアプリを血眼で漁る必要がないのが素晴らしいです。

しかもその注文したカードは1日とか2日で届きますよね。リモートデュエマが流行っている今だと注文した次の日の夜に到着、そのままリモートで対戦相手を募集してそのままデュエマ…なんてこともできちゃうわけで。

何が言いたいかというと、「少ない手間でお安くいいデッキが使える」のがすごいというです。通販サイトに攻略記事が直結してるのすごいわ…。

 

☆ほんとうの さいごの おわりに

この記事を読んでいるカーナベルさんの関係者の皆様へ
かにかま、デッキや記事作成以外にも動画編集もできますしデュエマのクイズも作れます!!!ぜひよろしくお願いします!!!

(2021/11/02 23:27追記)

記事書いてる時に企画タイトルが「格安デッキ研究所」になってました。本当に申し訳ありませんでした…。
かにかまDM研究所 - YouTube

デュエル・マスターズクイズ 100問ペーパー 最終版.pdf - Google ドライブ

ほんとうにおわり

デュエマクイズのススメ【動画】

はじめまして、かにかまと申します。唐突ですが皆様、クイズはお好きでしょうか。テレビで放映されているクイズ番組を視聴したり、スマートフォン1つからでもアプリで早押しクイズを楽しめたり、大人気YouTubeチャンネル「QuizKnock」の動画を見たり、有志によって開かれているクイズ大会に参加したりと、2021年の今は様々な形でクイズを楽しめる世の中になっています。

クイズの問題となるのは世界遺産や文学作品、生物といった学校で習う知識の延長線上にあるものから、時事問題やひらめきなど多岐に渡っていますが、今回はこのブログを見られている方の多くが楽しまれているカードゲーム『デュエル・マスターズ』でクイズを作成する時の楽しさ、注意点などを書かせていただきます。

デュエマも今年で20周年になるということで、沢山の歴史を積み重ねてきました。カード1枚にもテキストやイラスト、パワーといった様々な要素が含まれていて見ているだけでも楽しいですし、そのカードが躍動するアニメや漫画もあって、大型大会のテキストカバレージを見てもとてもワクワクしますよね。そんな楽しいデュエル・マスターズについてもっと深く知ることが出来る、それがデュエマクイズなのです。

 

クイズって何だろう?

私は「知識を使った、用意された問いに答える遊び」であると考えています。この「知識」という言葉は「情報」と言い換えることも出来ます。私は調べれば誰でも信頼できる情報源に行き当たることが出来るものを使うようにするようにしています。私たちが知ることが出来る情報=知識ということです。

今回はデュエマクイズということで、デュエマのカードを答えにする問題を作成します。

 

カードについて調べよう

さて、デュエマで作問するにあたってどんな情報からクイズを作るかかはぶっちゃけ自由です。1枚のカードからでも沢山の問題を作ることが出来ます。今回選んだカードはこちら。 

f:id:kanikama28:20210505164252j:plain

公式カード検索より

早速このカードからクイズに使えそうな情報を抜き出してみましょう。 

情報の一次ソースとしては公式サイトのカード検索や商品情報、現在も存在しているDMGP特設サイトなどが使えますね。公式サイト以外にも、タグで検索できるデュエマwiki、カードの名前を打ち込めばバージョン違いもすぐに調べられるDeckMakerなどなど用途に応じてサイトを使い分けることが出来ます。1つのサイトだけでは漏れがある可能性を否定できないので。2つ以上のサイトで確認するのがベターです。

カードに記載された情報、型番、殿堂入りや公式大型大会への投入などの実績などの情報を調べ上げました。大型大会は3位決定戦を行うことが多く、4位までは順位が区別されて書かれているので、ベスト4までに入っていれば実績とみなすことにしました。また、このカードといえば同日に殿堂入りした”単騎連射 マグナム”と併用したフィニッシュ手段の1つ”単騎ラフルル”ギミックも広く知られているので、大会実績の項ではこのギミックが搭載されているかも調べてみました。

 

カードに記載された情報

名前:音精 ラフルル

基礎スペック:5マナ パワー5000 光/水文明

種族:エンジェル・ドラゴン/革命軍/ドレミ団

イラスト:Yuukoo009(ゆーこー)(敬称略)

テキスト:革命チェンジ:光または水のクリーチャー(自分の光または水のクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、相手は呪文を唱えられない。

 

型番

2016年7月9日発売 DMX-23 「奥義伝授!! デッキLv.マックスパック」(レアリティなし)(フレーバーテキストなし)

2019年3月30日発売 DMRP-09 「超天篇 第1弾 新世界ガチ誕! 超GRとオレガ・オーラ!!」(ウルトラゴールデンカード)(フレーバーテキストなし)

 

大型大会実績

超CS1st(2017/07/08)において、1位が3枚、4位が2枚使用(備考:デッキタイプは互いに”ドギラゴン剣”。4位のデッキレシピでは”単騎連射 マグナム”2枚と併用されている。)

殿堂入り(2018/03/01)

全国大会2017日本一決定戦(2018/03/14)において、1位、2位、4位が1枚使用(備考:デッキタイプは全て”ドギラゴン剣”であり、”単騎連射 マグナム”と併用されている。)

GP6th(2018/04/21)において、3位C卓が1枚使用(備考:デッキタイプは”ドギラゴン剣”。”単騎連射 マグナム”と併用されている。)

超CS2nd(2018/08/11)において、1位が1枚使用(備考:デッキタイプは”ドギラゴン剣”。”単騎連射 マグナム”と併用されている。)

プレミアム殿堂入り(2020/01/01)

 

ラフルルという1枚だけでもこのような沢山の情報が見つかりました。これらの情報を組み合わせて、答えがラフルル1枚に絞れるクイズに仕立て上げていきますが、単純にこの2つの情報をくっつけるだけではなく、同じ情報を共有するカードの中でのラフルルの独自性を見つけることも作問に繋がります。

たとえば、ラフルル以外にも「革命軍」を種族に持つクリーチャーは沢山いますが、「殿堂入りを経験した」という条件をつけると、ラフルル、ミラダンテⅫ、ドギラゴン剣、パラスラプトの4体まで絞り込まれます。ミラダンテⅫとドギラゴン剣は殿堂入りに指定されたのが2019/03/01、パラスラプトは2020/01/01と、ラフルルよりも後に殿堂入りしていることが分かります。これにより、ラフルルは「革命軍を持つクリーチャーで最初の殿堂入りカード」でもあることが分かりました。

このようにして情報を組み合わせていくことで、より1枚のカードから情報を引っ張りだしていくことが出来ます。カードについてより理解を深めていくこの瞬間が楽しいですよ。

さて、ここで一つ注意点です。めちゃくちゃ調べましょう。嫌というほど調べましょう。これはガチ系のクイズでもゲーム的なクイズであっても同じです。自分の目で、正確な情報をしっかり確認して作りましょう。

おぼろげな記憶や印象で作ると、時には間違った情報を出してしまうことがあります。動画でも使っていますが、「基礎のパワーの下1桁が奇数のクリーチャーはそれぞれ1体以上存在する。〇か×か」という問題の解説でうっかりミスをしました。答えは「〇」というのは正しかったのですが、その後の問題説明で「パワーの下1桁が5のクリーチャーは禁断機関 VV-8だけ」という誤った説明をしたのです。何が間違っていたかと言うと、パワー4545の「自然の三男 チョロ松」が存在するため、VV-8だけではなかったのです。今回は正誤に関わらないミスだったからよかったものの、問題が違えば大問題です。

【デュエマ×クイズ】超難問デュエマクイズで過去一番の大熱戦!? - YouTube

 

早速作問しよう!

今回は先ほどのラフルルから短文の早押しクイズを制作してみました。例題は全て答えが「音精 ラフルル」になる問題です。

もちろんストレートに「○○なカードは何?」という問題文でもいいですが、沢山調べたので、より肉付けをして「○○で知られる、××なカードは何でしょう?」など二段構成の問題を作ってみましょう。

二段構成の問題は、1つの条件に合致するものが多くても、もう1つの条件と合わせて答えを1つに絞ったり、実は1つ目のヒントで既に絞り込めているが、そのヒントが難しいのでもう1つヒントを提示することによってわかりやすくしたりといった手法を取ることが出来ます。

 

例題

Q:そのイラストはYuukoo009が手掛けた、「奥義伝授!デッキLv.マックスパック」ではじめて収録されたドラゴンは誰でしょう?

Q:種族に革命軍を持つカードとしてははじめて殿堂入りに指定された、超天篇第1弾でウルトラゴールデンカードとして収録されたクリーチャーは誰?

 

ちょっと俗っぽくするならこんな感じの問題文もいいかもしれませんね。大会実績において”単騎連射”との併用が目立っていたことを活かしてみました。

Q:特に”ドギラゴン剣”で”単騎連射 マグナム”と併用されることも多かった、2020年1月1日をもってプレミアム殿堂入りに指定された光文明と水文明を併せ持つ多色クリーチャーは誰?

 

 

しかしながら、扱うのが難しい情報もあります。今回は2つほど紹介。

扱いが難しい情報の例

元ネタ絡み

Q:映画『羊たちの沈黙』が名前の元ネタとされる、進化元としてイニシエートを要求するアウトレイジの進化クリーチャーは何でしょう? 

A:サイレンス(呪文たちの沈黙) トパーズ

公式に明言がないのでやや難しい所。結局憶測の域を出ないのです。上の問題文では「元ネタとされる」と書いていますが、どこでされてるのかという突っ込みがあるはずです。デュエマ自体はパロディやら多いカードゲームではあるので、イラストレーターコラボやらで作るならいけそうですが…。

あとは、カード名を答えにしようとするとやや無理をしなければいけなくなったりします。「デュエマ要素要る?」って事態にも。

Q:フルネームでお答えください。その名に『田園』や『英雄』、『運命』で知られる作曲家のファーストネームを含む、コスト14とデッキに入るキング・コマンド・ドラゴンでは最大のコストを持つクリーチャーは何?

A:偽りの王 ルードヴィヒ

 

カード相場

これも公式情報ではないというのが大きいですね。どのサイトを参考にしたかを明確にした、値段の変わり方を表すグラフならギリギリいける…?

 

作問に関しては、私と共同で作問している方が書かれたブログもあるので、こちらも是非見ていただければと思います。

gisan.hateblo.jp

 

 

この記事で扱うクイズがどのようなものか分かったと思いますので、早速クイズに行ってみましょう!

 

短文早押しクイズ

問題文をそのまま読み上げるクイズです。記事前半でも作った、もっともシンプルなクイズです。ボタンを用意するなり、手を挙げてもらうなりして、分かった時点で早く答えることに重きを置く文章クイズですね。

先ほども書きましたが、シンプルに「○○なカードは何?」という問題以外にも「○○な、××なカードは何?」という複数の情報を組み合わせた問題も作れます。パラレルと呼ばれる、「○○といえば××ですが、△△といえば何?」という問題を作ることも出来ます。

カード名を答えにする場合は、フルネームのみを有効とするか、一般的な略称(冠詞の省略など)も有効とするかを指定すると解答者に優しくなるのでおススメです。

 

例:最もパワーの低いクリーチャーは何でしょう?

 

 

A:ゾンビポンの助

 

 

例:2021年5月1日現在殿堂カードに指定されている、デュエル・マスターズ史上初めて名前に「!」が使われたカードは何でしょう?

 

 

A:蛇手の親分ゴエモンキー!

 

 

Q:冠詞「凰翔竜機」を持つ多色カードで、進化クリーチャーは「凰翔竜機バルキリー・ルピア」ですが、クリーチャーは誰でしょう?

 

 

A:凰翔竜機ワルキューレ・ルピア

 

 

画像クイズ

その名の通り、画像を使ったクイズです。イラストからカードを当てる問題や、グラフを使ったり色々な作り方があります。名称ルールや同じパックに収録されたサイクルなど、カードに見られる法則性を用いたひらめき問題などもこの分類で作れます。解答時間を設けてボードに書いてもらうもよし、早押しにするもよしの形態です。

 

例:次のグラフが表しているものは何でしょう?

f:id:kanikama28:20210430182455p:plain

 

 

A:その年に開始したシリーズで登場した通常拡張パックの数

(備考:2014年開始のドラゴン・サーガ期はDMR-16が極と真で2つ、2016年開始の革命ファイナル期は3弾目のドギラゴールデンで終了、2017年開始の新章はDMRP-04がサッヴァークとドルスザクで2つ)

 

多答問題

複数の答えがある問題です。ある共通点を持つカード達を、答えられるだけ答えます。作問者側の感覚としてはネプリーグのファイブボンバーの「『広辞苑』に掲載される言葉のなかで、○○が入る言葉」が近いかもしれません。

解答時間を設けて、どれだけ答えられるかを競う対戦形式でやるのもおススメです。

例:名前に「ドギラゴン」を含むカードを答えられるだけ答えろ。

 

 

以下解答

蒼き守護神 ドギラゴン閃

ボルシャック・ドギラゴン

蒼き団長 ドギラゴン剣

燃える侵略 レッドギラゴン

伝説のレジェンド ドギラゴン 

レッツ・ドギラゴン 

ドギラゴン一刀双斬 

ドギラゴン・エントリー 

宿命のドギラゴン銀刃 

ドギラゴン・チャンス 

ヴァルキリー・ドギラゴン 

ドギラゴン・フォーエバ

 

終わりに

ご覧いただきありがとうございました!何かを知っていて、ほんの少しでも楽しいと思える、それがクイズという遊びの魅力だと思います。楽しいデュエマに関する知識を増やして、クイズで競う。その楽しさがこの記事で伝われば幸いです。皆さんも是非友人間で作って出題しあってみてください。

 

クイズ解説(2021/03/15出題版)に続く…かもしれない。